FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

経済的な事情で留学できない学生が増えていると前にTVで見ました。
留学がすべてではないけど、英語能力や国際感覚はもう当たり前になってきているのに、日本が遅れをとっているのはそのまま日本の将来に反映されてくるだろうと思います。
私の友達も、中学校の英語の先生をしてたけど、今休職してカナダにワーキングホリデーに行ってます。30歳になってもそうやって出て行った彼女にも刺激されるよ。
いよいよ始まったね!いろんなこと吸収して、またいろいろ聞かせてね!

2008.08.17  とも  編集

ともさん

そうですか、経済的な事情・・、確かに留学にはとてもお金がかかりますので、自分ですべてを出資することはとても負担ですよね。政府などがもうちょっとサポートしてくれるとありがたいですよね。数年前から大学院生向けの派遣奨学金ができましたが、あれは社会人は対象外ですし、もう少し縛りが少なくなるとよいのですが・・・。

特に中国などは、経済的に豊かになったので、人口の10%くらいは日本人と同じくらいの所得があるらしいですね。中国の人口10%というと、日本人の人口と同じくらいになりますので、それを考えると、留学に来ている中国人とも所得的にあまり変わらないのだろうなと思います。

日本の場合、留学しても、それがそのまま良い就職につながらないので、学生が積極的に外に出ないのかもしれないですが、それでも、日本人が少ないとなんだかさみしい気がしてしまいます。

2008.08.18  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は、留学生向けのオリエンテーションに参加した。
朝8:30~午後3:30までという、一日がかりのとてもボリュームのあるものだ。
そして、参加している留学生も今日だけでも150人くらいの規模。とても大きい。

私が日本の時にオリエンテーションを催す側だったが、確か、2時間くらいで終わったと思うので、それを考えるとかなり充実している。

流れ:
アイスブレーカーとして、留学生同士でお互いを知り合うアクティビティ
Directorからのメッセージ
図書館の説明
アメリカの高等教育についての説明
10人ぐらいの小さなグループでのディスカッション(キャンパスの利用可能なサービスについて)
ビザのことについての説明
ランチ
カルチャーショックjについてのビデオ
スモールグループディスカッション(カルチャーショックについて)
ヘルスセンターについての説明、地域の交流団体の説明

特によかったと思うのは、10人位のグループごとに別れてスモールグループディスカッションができたこと。それぞれのグループには、留学生センターの人が一人、リーダーとしてつくので、いろいろと詳しい話が聞ける。やはり、大きい会場だと、ちょっとした質問があっても、全員が発言することは不可能だけど、小さいグループになると、みんなが少しずつ意見を言ったりできるし、それを直接リーダーの方からフィードバックを受けられるので良い。

だが、今日は、会場で私以外の日本人新入生に会えなかったのが、ちょっと残念だ。

アジア人は会場の半数以上を占めるくらいたくさん来ているのに、彼らは主に、中国、韓国、インドの学生ばかり。特に韓国は人口もそんなに多くないのに、たくさん留学していることに驚いた。
留学することがすべてではないけど、留学することによって養われる世界的な視野や、英語の能力、コミュニケーション能力などを考えると、日本人の少なさがとても気になってしまう。将来、国の勢いに影響してくるような気がしてしまった。

* * *

夕方は、先週参加した教会で知り合った方に誘われて、Picnicに参加してきた。

今、ミネソタには、東京のある大学から3週間の語学研修+ホームスティプログラムで40人くらいの学生が短期的に留学に来ていて、私の知り合いの方の家にも日本人が一人ホームスティをしている。今日はその40人の学生と、それぞれのホストファミリーが集まって、公園でご飯を食べて、そのあと、日本人学生の英語によるスキット発表を見た。

みんなまだ若いのだが、やはり若いうちにこういう体験をできるということは本当に貴重なことだと思う。ひとりの学生としゃべる機会があったが、英語はなかなか通じなくて大変だけど、言葉じゃなくて気持ちで伝わるということがわかってよかったと話していた。

オリエンテーションでは日本人学生の少なさが気になったけど、学部生がホームスティで健闘している姿を見れて、少し私も励まされた。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

経済的な事情で留学できない学生が増えていると前にTVで見ました。
留学がすべてではないけど、英語能力や国際感覚はもう当たり前になってきているのに、日本が遅れをとっているのはそのまま日本の将来に反映されてくるだろうと思います。
私の友達も、中学校の英語の先生をしてたけど、今休職してカナダにワーキングホリデーに行ってます。30歳になってもそうやって出て行った彼女にも刺激されるよ。
いよいよ始まったね!いろんなこと吸収して、またいろいろ聞かせてね!

2008.08.17  とも  編集

ともさん

そうですか、経済的な事情・・、確かに留学にはとてもお金がかかりますので、自分ですべてを出資することはとても負担ですよね。政府などがもうちょっとサポートしてくれるとありがたいですよね。数年前から大学院生向けの派遣奨学金ができましたが、あれは社会人は対象外ですし、もう少し縛りが少なくなるとよいのですが・・・。

特に中国などは、経済的に豊かになったので、人口の10%くらいは日本人と同じくらいの所得があるらしいですね。中国の人口10%というと、日本人の人口と同じくらいになりますので、それを考えると、留学に来ている中国人とも所得的にあまり変わらないのだろうなと思います。

日本の場合、留学しても、それがそのまま良い就職につながらないので、学生が積極的に外に出ないのかもしれないですが、それでも、日本人が少ないとなんだかさみしい気がしてしまいます。

2008.08.18  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。