FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

こんちは

アメリカはキリスト教徒が多いから、誘われることも多いでしょう。NOな時ははっきりNOと断ればよいでしょう。俺も知らないうちに2回も教会言ったよ。。汗 
 日本のもの届くと嬉しいよね。アメリカは、果物、スイカやメロンが安いから、そんなアメリカの良さを受けて楽しみましょう!!

2008.08.12  enshun  編集

部屋が散乱してたのショックだね。
自分が住んでた大学の寮も夏休み春休み明けは相当だったよ。
同室の人と合わないこともまあよくあることだけど
うまくストレスためないようにね。

しかしほんとサバイバルだね。
渡米前の決断力にも感心したけど渡米後も流石の行動力!

2008.08.12  ちー  編集

はじめまして

つい先日、mississippiをキーワードにググっていたらこのブログを見つけ、コメントさせていただきました。実は私も2007年から2008年までMS州のELIで勉強していて、2008年のAGOSの留学生壮行会にも参加していたので、ちょっとビックリです。私は来週からMSのcollegeでクラスが始まります。私も6年の社会人を経てまた学生に逆戻りなので、何だか今の状況も少し似てるなと思いました。州は違いますが、お互い頑張りましょうね!

2008.08.12  sh  編集

enshunさん

そうですね、こちらにきてから、キリスト教の根強さにびっくりしています。でもミサに行ってみるというのも面白いですね。毎週通っているなんて、本当に敬虔だなと思います。
宗教観の強い人たちといると、逆に新鮮で、自分の宗教観を考え直すきっかけになります。

2008.08.12  yukky  編集

ちー

今日(12日の夜)、ルームメイトはやっと帰ってきました。そうしたら、彼氏と来ていたのでちょっと自己紹介をしてみると、ミネソタ大学3年生の子(20歳)で、栄養学を専攻しているということみたい。彼氏はウィスコンシン大学なので、週末はウィスコンシンに行っていたとのこと。3~4時間のドライブみたい。まあ、まだ若いので、身の回りのことできなくてもしょうがないか・・。だんだんリビングの散らかりに慣れてきたら、こんなものかと思うようになってきて、相手がきれいすぎるよりは、いいのかもしれないなんて思ったりもしてきた・・。慣れとは怖いものです。

2008.08.12  yukky  編集

shさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですか、Mississippi州に行かれるという方はなかなか珍しいですよね。湿度も高くて、日本の夏に似ている気がしました。私はMississippi State University のHurbert Hallにいました。そして、AGOSの壮行会にも参加されたのですね!同じ部屋の中にいらっしゃったとはびっくりです。私も5年間の社会人を経て、留学経験もなく、この夏から渡米したので、これからの生活がきっととても大変だと思っています。お互い頑張りましょう~。またコメントお待ちしています!

2008.08.12  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

8月9日にミネソタにつきました。

9日の朝は、オリエンテーションのあった大学を出発して、お世話になった方々や、ほかのメンバーとの涙の別れ・・。3週間、とても短かった。そして楽しかった。

そんな別れに浸る暇もなく、今度は一人ですべてを何とか手配しないといけない・・・

ちょうど、ミネソタ大学から、ボランティア団体が空港までのピックアップサービスをしていて、その方が迎えに来てくれることになっていた。そして、到着した日は私のアパートの鍵が受け取れないので、その夫婦の家に泊めてもらった。

夫婦といっても、二人ともUniversity of Minnesotaの学生で、私より若い中国人の夫婦。
急に泊めてもらうことになったのに、とても親切で助かった。ごはんも作ってくれて、シャワーなども貸してくくれ、リビングの簡易ベッドで寝かせてもらえた。その夫婦の車で、必要な食料や生活用品を買いに、スーパーへ連れて行ってもらった。

10日(日)
この夫婦は、キリスト教徒で、留学生のピックアップサービスや、一時的な滞在先を提供するボランティアをやっている。私がとまった次の日が日曜日で、午前中にミサがあるというので、誘われたので私も行ってみた。ちょっと不安がっていたら、無理に勧誘したりすることはないということだったので・・・。

教会は、バプテスト派で、偶像崇拝をしない宗派らしい。新約聖書も使わないということだ。
私は高校時代、カトリック系の学校に行っていたが、そこにはマリア像が必ずあったし、聖書の本には旧約聖書と新約聖書があった。
バプテスト派の人は、カトリックとは一線を引いているようだ。同じキリスト教と言っても、やはり、信者にとっては宗派の違いは重要なもののようだ。

私が行った日には、黒人の子供が一人、バプテスト派に正式に加入する儀式をやっていた。
お風呂のような水の入った箱の中に、ローブのようなものを着たまま入って、最後に頭を一度潜らせるような感じで全身を水に浸けていた。そのあと裏に行って、濡れたローブを着替えていた。

午前9時半から始まったミサは、11時頃からコーヒータイムになり、来ている人達とおしゃべりや自己紹介をしたりして、11時15分ころから、グループに分かれて、聖書の勉強会や、英語の勉強会(留学生向け)のセミナーなどが行われた。来ている人は別にローブはきていない。普通の格好だ。(念のため・・)

12時にミサが終わり、私は予約していたアパートへ入居。
3ベッドルームの部屋だが、そのうち一つの部屋に先に住んでいる人がいた。
私が今日入居するとは知らなかっただけなのかはわからないけど、共有部分にも洗濯物や靴が転がっていたり、飲み終わった酒の瓶があったり、キッチンには、洗っていないコップが山積みで、かなりの猛者のようである。

その共有部分の状況を見て唖然としていると、同居人となる人が部屋から出てきて、最近忙しかったので片付ける暇がなかったということを言ってきた。少しは気にしているのだろうか・・・。だが、これからコンサートに行って火曜まで戻ってこないということだ。夏休みだからはしゃいでいるのか、それとも、ふだんからはじけているのか・・・?私はこの人とやっていけるのだろうか・・・?ちょっと衝撃をうけた・・・。


自分の部屋はとてもきれいに掃除されていたが、ついてから気がついたのだが、ベッドにはマットレスしかなく、シーツや毛布が無い・・。
しょうがないから、バスタオルに包まって寝ようかなとおもっていた。

午後から参加する予定にしていた、私が専門とする分野(Internatioanl Counseling)の会議に出席したところ、先輩の日本人と話していたら、その人も私のアパートに住んでいたということで、シーツがなかったことを覚えていて、私に大丈夫か聞いてきたので、・・実は私は今日、バスタオルで寝ようと思っているという話になった。

先輩がいろいろな人に話をするうちに、その先輩の友達から、シーツを借り、その人の指導教員からブランケットを頂いてしまった。
とにかく、シーツとブランケットで寝ることができてよかった。
バスタオルを丸めて枕にしています。

11日(月)
留学生としての登録と、TB(結核)の予防接種をした。
これらを完了しないと、履修登録ができないからだ。

留学生担当のオフィスで働いている日本人の友達にもついてから初の挨拶をしたり、
Student IDカードを作った。銀行のカードと一緒にすることもできて、私もそうすることにした。

そして午後はまた私の分野の会議に出席。英語はついていけないけど、少しずつ積み重ねるしかないかな。その会議で、この9月から私のクラスメートになる学生2人(中国人、アメリカ人)にも会うことができたので、学校が始まる前に知り合いができたことで少し安心した。

そして、実家から送っていた荷物が到着。(8月2日に発送、11日に到着。約10日)
SAL便という、エコノミーな郵送方法だが、かなり重かったので、2万弱の郵送料がかかってしまった。SAL便は、陸路プラス国と国の間は空路という郵送方法なので、まったくの航空便よりは少し安い。

2万円の郵送費は高かったが、洋服、日本食、細かな生活用品。いろいろとつめてくれたので、なんだか嬉しくて興奮してしまった。

さっそく、インスタントみそ汁を飲んだりしてみた。

今日もバスタオルを枕にして寝ます。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

こんちは

アメリカはキリスト教徒が多いから、誘われることも多いでしょう。NOな時ははっきりNOと断ればよいでしょう。俺も知らないうちに2回も教会言ったよ。。汗 
 日本のもの届くと嬉しいよね。アメリカは、果物、スイカやメロンが安いから、そんなアメリカの良さを受けて楽しみましょう!!

2008.08.12  enshun  編集

部屋が散乱してたのショックだね。
自分が住んでた大学の寮も夏休み春休み明けは相当だったよ。
同室の人と合わないこともまあよくあることだけど
うまくストレスためないようにね。

しかしほんとサバイバルだね。
渡米前の決断力にも感心したけど渡米後も流石の行動力!

2008.08.12  ちー  編集

はじめまして

つい先日、mississippiをキーワードにググっていたらこのブログを見つけ、コメントさせていただきました。実は私も2007年から2008年までMS州のELIで勉強していて、2008年のAGOSの留学生壮行会にも参加していたので、ちょっとビックリです。私は来週からMSのcollegeでクラスが始まります。私も6年の社会人を経てまた学生に逆戻りなので、何だか今の状況も少し似てるなと思いました。州は違いますが、お互い頑張りましょうね!

2008.08.12  sh  編集

enshunさん

そうですね、こちらにきてから、キリスト教の根強さにびっくりしています。でもミサに行ってみるというのも面白いですね。毎週通っているなんて、本当に敬虔だなと思います。
宗教観の強い人たちといると、逆に新鮮で、自分の宗教観を考え直すきっかけになります。

2008.08.12  yukky  編集

ちー

今日(12日の夜)、ルームメイトはやっと帰ってきました。そうしたら、彼氏と来ていたのでちょっと自己紹介をしてみると、ミネソタ大学3年生の子(20歳)で、栄養学を専攻しているということみたい。彼氏はウィスコンシン大学なので、週末はウィスコンシンに行っていたとのこと。3~4時間のドライブみたい。まあ、まだ若いので、身の回りのことできなくてもしょうがないか・・。だんだんリビングの散らかりに慣れてきたら、こんなものかと思うようになってきて、相手がきれいすぎるよりは、いいのかもしれないなんて思ったりもしてきた・・。慣れとは怖いものです。

2008.08.12  yukky  編集

shさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
そうですか、Mississippi州に行かれるという方はなかなか珍しいですよね。湿度も高くて、日本の夏に似ている気がしました。私はMississippi State University のHurbert Hallにいました。そして、AGOSの壮行会にも参加されたのですね!同じ部屋の中にいらっしゃったとはびっくりです。私も5年間の社会人を経て、留学経験もなく、この夏から渡米したので、これからの生活がきっととても大変だと思っています。お互い頑張りましょう~。またコメントお待ちしています!

2008.08.12  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。