FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

ぐおー懐かしすぎる!!Little Brown Handbook!!
なんとなく捨てられずにまだうちにあるよ~。
MLAかChicagoで書いてたなあ。どっちか忘れちゃったが。

2008.07.29  ちー  編集

ちー

そっかあ。ちーは大学の時に英語で文章書いたりしたんだもんね。私にとっては本当になじみのないものなので、これから勉強しないと・・。

2008.07.30  yukky  編集

私も5月から7月にかけて受講した英語講習で、最終レポートをAPAかMLAで書くように言われ、APAで書いてみました。
ライティングの先生にDiana HackerのA Writer's Reference という本を薦められたので購入しました。

2008.07.31  rigmarole  編集

rigamroleさん

コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。私も今後、必要になると思うのでAPAの本として参考にさせていただきたいと思います。

2008.08.03  yukky  編集

補足ですが、上記の本はAPA専門の本ではありません。むしろ、ライティングの先生によると、著者はAPAにどちらかというと批判的なようです。

2008.08.03  rigmarole  編集

ありがとうございます。それでは、もしかして余裕ができてから読んでみたいと思います・・・。

2008.08.08  yukky  編集

ちなみに私は全てPaperはAPAでした。
Education専攻はほとんどAPAだと思いますよ。
「MLAなんてもう古い!」みたいな言われ方を授業の担当教官にされたこともあります。(かれこれ10年近く前の話ですが。。。)
今思い出せないのですが、APAのバイブルのようなテキストがありました。(もう、学生生活とは長々と離れてしまっているので。。。)その本には結構お世話になりましたね。
未だに私もこの本を持っていますよ。v-87

2008.08.19  Ayabear  編集

Ayabearさん

APAで書かれたのですね!
私もミネソタについたのでそろそろAPAのマニュアル本を購入しないといけないと思っています。
Writingは特に苦手というか、Documentationに慣れていないので、はじめは特に大変だと思います…!一度購入したら一生ものになりそうですね!

2008.08.19  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は午後、ドキュメンテーションスタイルについてのセッションがあった。
Documentation Styleとは、論文を書くときに、参考文献をどのように参照するかというルールや、論文自体のフォーマット、表紙、行間、余白、などのルールである。

MLA,IEEE(Engineering),Chicago(Humanities),APA(Social Sciences)など、それぞれのスタイルごとに使われる分野が決まっている。

私の場合は、Educational Psychologyなので、APAになると思われる。基本的には、進学先の大学院のホームページに、どのライティングスタイルを使うかが明示されていたりするのだが、私は見つけられなかった。そういう場合は、先輩とか、先生に聞くとよいのだろうけど、まだ聞いていない。

とりあえず今日は、APAのセッションに出てみた。

APAは、インターネット上でも、情報が得やすい。
http:// projects.uwc.utexas.edu/handouts/?q=node/21
http://www.wisc.edu/writing/Handbook/DocAPA.html
http://apastyle.apa.org/

参考文献
The Little, Brown Handbook (Little, Brown Handbook)
The Everyday Writer: A Brief Reference

スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

ぐおー懐かしすぎる!!Little Brown Handbook!!
なんとなく捨てられずにまだうちにあるよ~。
MLAかChicagoで書いてたなあ。どっちか忘れちゃったが。

2008.07.29  ちー  編集

ちー

そっかあ。ちーは大学の時に英語で文章書いたりしたんだもんね。私にとっては本当になじみのないものなので、これから勉強しないと・・。

2008.07.30  yukky  編集

私も5月から7月にかけて受講した英語講習で、最終レポートをAPAかMLAで書くように言われ、APAで書いてみました。
ライティングの先生にDiana HackerのA Writer's Reference という本を薦められたので購入しました。

2008.07.31  rigmarole  編集

rigamroleさん

コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。私も今後、必要になると思うのでAPAの本として参考にさせていただきたいと思います。

2008.08.03  yukky  編集

補足ですが、上記の本はAPA専門の本ではありません。むしろ、ライティングの先生によると、著者はAPAにどちらかというと批判的なようです。

2008.08.03  rigmarole  編集

ありがとうございます。それでは、もしかして余裕ができてから読んでみたいと思います・・・。

2008.08.08  yukky  編集

ちなみに私は全てPaperはAPAでした。
Education専攻はほとんどAPAだと思いますよ。
「MLAなんてもう古い!」みたいな言われ方を授業の担当教官にされたこともあります。(かれこれ10年近く前の話ですが。。。)
今思い出せないのですが、APAのバイブルのようなテキストがありました。(もう、学生生活とは長々と離れてしまっているので。。。)その本には結構お世話になりましたね。
未だに私もこの本を持っていますよ。v-87

2008.08.19  Ayabear  編集

Ayabearさん

APAで書かれたのですね!
私もミネソタについたのでそろそろAPAのマニュアル本を購入しないといけないと思っています。
Writingは特に苦手というか、Documentationに慣れていないので、はじめは特に大変だと思います…!一度購入したら一生ものになりそうですね!

2008.08.19  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。