FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

心理学関係の用語とちょっとしたまとめをまた少し・・・。
今回は、側頭葉(Temporal Lobe)という脳の一部についての機能と、障害について。

Temporal lobeは、日本語では側頭葉とよばれる部分で、脳の両側にある。ちょうど耳から目のあたりにかけての位置にある。

Temporal lobeは記憶をつかさどり、記憶を組織だてたり、思い出したりする部位である。そして、自分にとってどの思い出が重要であるか、それとも重要でないかという判断をしている。また、いい音楽を聴いたり、いい絵をみたりすることで、リラックスしたり、快感を得たりするのも、このTemporal lobeがそれを判断しているとみられる。

側頭葉は脳の両側にあるのだが、右と左でつかさどっている作用にも違いがあるようである。
両側の側頭葉は通常同時に働くのだが、その作用に問題があると、コミュニケーションに問題が生じる。

The dominant temporal lobeと呼ばれるたいていは左側の側頭葉は、言語の理解をつかさどり、単語や言葉の意味などを理解する。この左側の側頭葉がうまく働かないと、スピーチや単語、読書などを理解することが難しい。また、攻撃的な考えがあらわれたり、幻覚に対して敏感になったり、感情的に不安定になる。

The non-dominant temporal lobeと呼ばれるたいてい右側の側頭葉は、文章として書かれない言語の理解をつかさどる。コンテクスト、イントネーション、言葉の語意、表情、表現、テンポや音、視覚を通じて、相手がどういうことを伝えたいか(怒っている、嬉しい、悲しいなど)を判断する。右側の側頭葉がうまく働かないと、表情や語意などから気持ちを察するということができない。

両側の側頭葉がうまく働かないと、普通でない知覚をする。デジャブ(deja vu)や、未視体験(jamais vu)、パニック、ぼーっとしたり(spaciness)、混乱(confusion)したりする。また、モラルや信仰に強く支配されたり(moral or religious preocupation)、文章をたくさん書きすぎる(hypergraphia)

Temporal lobeにかかわる症状としては、アルツハイマー病(Alzheimer's disease・・・temporal lobes以外に頭頂葉(parietal lobes)も関わっているとされる。)、や、前頭葉てんかん(Geschwind's syndromeなど)がある。

最近はアルツハイマー病にもある程度は薬が有効である。


***

Temporal Lobesの障害としてかんがえられている、Shackled Giants(縛られた巨人)について。

Shacled Giantsは、とても高い知能(extraordinary intellictual skills)を持つ一方、社会的や身体的スキルが正常に機能しない(impaired social and physical skills)状態のことで、外にあらわれる行動から、症状が確認されたのが最初であったが、脳にも特定の症状があらわれていることも後に明らかになった。

Shackled Giantsだと言われている人々には、世界的に有名な人が多い。Fyodor Dofsoevsky, England's Load Macaulay, Kumagusu Minakata, Socratesなど。


***

Dissociative Identity Disorder(DID)とTemporal Lobeの関係について。
解離性同一性障害(Dissociative Identity Disorder)は、まだ証明はされていないが、Temporal Lobeに関係のある障害ではないかと最近(2004~)言われている。(by Sheehan, Sewall and Thurber, of Minnesota)
あるケースでは、DIDの37歳の女性のSPECT scanの結果、彼女の中の大人の自己と、10歳の人格それぞれで、Temporal lobeの活動の状況が違ったとのこと。
大人の自己の際には、左側の側頭葉の活動が増加していた・・・ことから、語学の能力が10歳の人格よりも高いということも説明がつく・・・?

いまだ解明はされていないが、もしDIDがTemporal lobeの問題と関係があるのであれば、Trieptalという側頭葉てんかん(Temporal lobe epilepsy)に有効な薬が効く可能性がある・・・とのことだがまだ不明。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。