FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ブログに書いたけど、前夜に準備不足で、まだスライドも終わっていなくて、不安のため、少し早めに起きた。
プレゼン内容をつめ、何回か自宅でリハーサル。指定されている10分では終わらないけど、何回か練習したら15分ぐらいにはまとまったので、感覚的には大丈夫そうかな・・・。
そうしたら、気持ちが落ち着いてきて、割り切れてきた。

練習している時間もなくなって、学校に向かい、ふわふわとした気持ちでディフェンス予定の部屋へ入り、来てくれた人へのソフトドリンク、お菓子などの準備をして、プレゼン用のコンピュータのセットアップ。

そして、気づいたら時間になり、私のプレゼンのパートが始まって、リハーサル通り意外と落ち着いて出来た。

コミッティの先生方は和やかな方々ばかりだったので(それを見越してサポーティブな先生を選んでコミッティにお願いしたのだが。。。)、質問も私を困らせようとしているわけではなくて、私の発表内容や、分野への貢献などを確認するようなある程度想像されたものだった。はっきりと答えがわからないものに対しても自分の理解を元に一生懸命コメントをするようにした。

10人程度、私の先輩や後輩の学生達が見に来てくれた。小規模でアットホームなものであったけど、見慣れた友人たちの顔をみながら発表できることで安心できた。

プレゼンが終わって、一端コミッティ以外は部屋の外へ。少ししたら、私のアドバイザーが出てきて、「Congratulations!」といって、握手をしてくれた。口頭試問に合格した瞬間。

大学ごとに、またプログラムごとに難易度は違うので、もっと難しい博士課程と、ディフェンスもたくさんあるのだろうけど、私の場合は、先生の支援と、友人の応援と、自分の研究によって、4年間という期間の後に迎えることができた。もっと上を目指すこともできるかもしれないけど、今は、コミッティがOKしてくれるものを作成することを目標にした。これからまた更に少しずつ精進して、知識を学び、広め、研究をしていけたら、と思っている。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。