FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

なるほど。ウェブデザインやボランティアの経験が活きているんだね!

他の記事にもあったようにきっと自分のアンテナにひっかかったものにアクションをとれるひとというのが評価されるんだろうね。

日本は、意味がない資格とかなんだか一歩を踏み出すのに躊躇してしまう気持ちを後押しするような情報も多い気が。。まぁ単にそういうことにも影響されずに動くようになりたいのだけど(笑)
たとえシュウカツとかでは意味がなくても、自分でも意味なかったとしても、動いたことはそのひとを豊かにするよね。

2010.09.18  kozue☆  編集

Re: タイトルなし

書き忘れたけど、役に立つとはいっても、決め手にはならないのでご注意。実際そのうちの一つは、面接まで行けたものの、不合格になってしまいました・・・。

とはいっても、確かにいろいろな行動ができるという(ように見せる)ことは、アメリカ大学院の応募の上で大切かも知れないね。自分のいろいろな側面や経験を書くことで、他の応募書類から目立つことができることにもつながる一つの足がかりにはなるかも知れないからね。

Kozueちゃんのいうように、受験や就活にはもし直接役に立たなかったとしても、全く無駄になる経験はないはずだからね!

2010.09.21  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

アメリカへ留学したり、仕事を得たりする場合には、英文履歴書(レジュメ・Resume)やCurriculum Vitae(CV)が応募書類の際に重要となります。

そのレジュメやCVに何を書いたらいいのか、初めて作成する場合は困ってしまうかも知れません。
私の過去の記事でも、レジュメに載せる項目についてまとめてありますが(右のカテゴリ内、「レジュメ(英文履歴書)・CV」参照)、基本的には学歴、職歴、ボランティア歴、その他の活動歴、CVの場合は、それらに加えて研究実績、論文の出版、学会発表などが主な項目になります。

ということで、アメリカの大学院へ申請を考えている場合は、このようなレジュメの項目をどうやって増やしていくか、ということを日々意識しながら、学校に通う以外の活動に積極的参加をすることによって、自分の強みを積み上げておくことが重要です。そして、留学生活が始まってからも、一セメスターに一つは、何らかの活動に参加して、経験を積んでおくことをおすすめします。

それが、入試や、職探しの際に、応募者としての社会活動への積極性や、関連分野での経験などをアピールできたり、また思わぬアドバンテージとして、審査官の目に留まるかも知れません。


課外活動の例:

ボランティア活動


ボランティアは、日本だと相当意識しないとなかなかチャンスがないですが、アメリカではとても当たり前のようにいろいろな組織でボランティアを募集しています。ボランティアを全くしていない、ということは、大学や大学院を目指すアメリカ人の中では珍しいことです。

ですので、日本でボランティアの機会があまりなかったために何も書けなくなってしまうよりは、日ごろから意識して、2つか3つくらいは自分の応募している分野に関連するボランティア活動をしておくとよいと思います。

私の場合は、自分の卒業した大学で受け入れている留学生に対しての日本語会話相手をするという、同窓生のグループに参加していました。実はこの活動以外のボランティア経験がなかったので、他にも何か活動しておけばよかったと反省しました。

自分の分野が教育分野だったので、アメリカに来てからは、ミネソタ地域での公立小中学校に行って留学生が自分の国の文化について発表するという活動に参加したり、ミネソタの公立高校のキャリアセンターで週一回ボランティアをしたりもしました。

それから、カウンセリングのクラスメートの中には、地域の電話での無料カウンセリングの電話番として、ボランティアをしながら、カウンセリングの経験を積んでいる人もいました。また、大学にあるキャリアカウンセリングのオフィスでのボランティアをしている友達もいました。理系の友人では、地域の科学博物館でのボランティアをしている人もいました。

このように、自分の興味ある学問分野に関連する場所でのボランティアは、レジュメの準備にもなりますし、自分が本当にこの分野のことについて学びたいのか、また自分には合っているのか、ということを見極める上でもとても役に立つものだと思われます。


ホームページ作成スキル

これは全く必須ではありませんが、自分の経験からしてとても役に立っているので言及しておきます。

私は以前にウェブデザインの学校に趣味で通っていたことがあるのですが、それをレジュメやCVに書いていたところ、応募した教育系の5つ博士課程のプログラムのうち、2つのプログラムの先生から、このスキルがとても魅力的だと目にとまりました。(直接専攻分野には何の関係もありませんが。)

大学のホームページの中でも、大学全体としてのホームページは、大きな事務所で全体として管理していると思いますが、学科や研究科のページの詳細な情報は、そこに所属する先生や、大学院生が更新を担当している場合があります。ですので、ホームページの作成に詳しい学生は、とても便利な労働力となるようです。

私は現在、アシスタントシップとして指導教員の先生の下で働いていますが、先生の研究所のホームページの更新や、資料のアップロードなどが一つの仕事になっています。


運転免許

大学院の入試では必要はないですが、アメリカの大学での仕事や、インターン、ボランティアをするにあたって、免許を持っていることが有利または必須になる場合があります。

私がアメリカの留学生オフィスで働いた時には、イベントの買い出しに行くために、車の免許をある人が優先で選ばれていたり、学生の移動のための大きなバンを運転することが仕事の一つになっていたりしました。私は日本での免許も持っていましたが、アメリカについてからもミネソタの免許を取ったので、そのおかげでこういった機会にも免許がないことによる不都合をまぬがれました。運転免許は、レジュメやCVに必ずしも書かなくて良いと思いますが、仕事の募集要項に免許が必要と書かれているような場合には、レジュメかカバーレターで言及しておきます。


どんな活動が有利なものとして捉えられるかは分かりませんが、関連分野での活動を軸にして、レジュメにかける項目を増やしておくことを日ごろから意識的に行っておくとよいと思います。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

なるほど。ウェブデザインやボランティアの経験が活きているんだね!

他の記事にもあったようにきっと自分のアンテナにひっかかったものにアクションをとれるひとというのが評価されるんだろうね。

日本は、意味がない資格とかなんだか一歩を踏み出すのに躊躇してしまう気持ちを後押しするような情報も多い気が。。まぁ単にそういうことにも影響されずに動くようになりたいのだけど(笑)
たとえシュウカツとかでは意味がなくても、自分でも意味なかったとしても、動いたことはそのひとを豊かにするよね。

2010.09.18  kozue☆  編集

Re: タイトルなし

書き忘れたけど、役に立つとはいっても、決め手にはならないのでご注意。実際そのうちの一つは、面接まで行けたものの、不合格になってしまいました・・・。

とはいっても、確かにいろいろな行動ができるという(ように見せる)ことは、アメリカ大学院の応募の上で大切かも知れないね。自分のいろいろな側面や経験を書くことで、他の応募書類から目立つことができることにもつながる一つの足がかりにはなるかも知れないからね。

Kozueちゃんのいうように、受験や就活にはもし直接役に立たなかったとしても、全く無駄になる経験はないはずだからね!

2010.09.21  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。