FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日は、ボストンカレッジの大学院生の留学生向けのオリエンテーションに参加してきました。

アメリカの大学では、授業が始まる前にたくさんのオリエンテーションがあると思います。

ボストンカレッジの大学院生の私のケースだと、今日は大学院の留学生向けオリエンテーション、明日は留学生全体向けのオリエンテーション、明後日は、アメリカ人も含めた大学院生向けのオリエンテーション、そして、来週には、私の所属するプログラムのオリエンテーションがあります。

その他にも任意で参加の、図書館のオリエンテーションや、TA(ティーチングアシスタント)等向けのオリエンテーションもあります。

日程をしっかりとメモして、時間が重ならない限り、参加するようにして、必要な情報を収集するようにしたいです。

* * *

今日は、大学院生の留学生向けのオリエンテーションがあったのですが、2時間ぐらいのプログラムで、お互いに名前と国籍と専攻を自己紹介したり、在校生の留学生活の話をパネルディスカッションで聞き、そのあと、大学の敷地内の芝生でバーベキューをして、ハンバーガーが振る舞われました。明日、明後日は終日オリエンテーションです。

今日は大学院生だけだったので、参加者150人強くらいでしたが、その8割が中国人です。かなり偏っていてびっくりしました。日本人は私を含めて3人でした。

ミネソタに入学した2年前もこのような留学生向けのオリエンテーションに参加しましたが、もう少し中国人の割合も低かったと記憶しています。

もちろん数が多いとか少ないとかではすべてを語ることはできないですが、とはいっても、このような状況を目の当たりにすると、なんとなくもう少しだけ日本人が増えてくれたらお互いに協力しあえたりして心強いのに・・・と思います。

とはいっても、ボストンカレッジと日本の大学とのつながり自体がこれまでそんなに強くなかったのかも知れません。

ということで、私が少しでもボストンカレッジ情報を公開して、この大学院で勉強をしたいとか、興味があるという人がいたらできるだけサポートしたいと思います!!!

せっかくなので、大学の概要を少し紹介します。

大学のホームページはこちら。
http://www.bc.edu/

ウィキペディアによるボストンカレッジのページはこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8

学生数は、14, 623人いて、そのうち、9,060名が学部生、4,843名が大学院生です。それ以外は、パートタイムや、生涯学習などの学生です。

ボストンカレッジは、学部レベルではUS NEWSのランキングによると全米31位の大学です(2010年)。
教育系大学院全体としてはUS NEWSでは全米19位です。

ボストンの郊外にありますが、電車の駅が近くにあるので、ボストンの市内にも出る際も便利ですし、大学周りは大学が運営する無料のシャトルバスが走っているので、交通は便利です。。

大学キャンパスもとてもきれいです。大学のスポーツ(アメフトやアイスホッケー)もかなり強いと評判ですので、それも盛り上がるようです。

そして、特に、高等教育(大学・大学院の政策・管理・運営など)の分野に関しては、Center for International Higher Education(国際高等教育センター)という、国際教育の研究拠点があり、大学の国際化などに関しての資料も豊富で、有名な研究者の方ともたくさん交流がありますので、大学関係の方の留学先としてとてもおすすめです。
http://www.bc.edu/research/cihe.html

アメリカの大学院に留学する際は、もちろん個別の大学名や、留学したい地域などについては希望などもあるかとは思いますが、自分の研究したい分野に近い分野の先生がいるかどうかということがとても重要になってきます。

ご自分の研究希望分野での留学経験者がいる場合は、その人にどの大学院がおすすめなのかを聞いてみるというのは良いアイディアだと思います・・・。

もちろん、教育心理学系や、国際教育の分野について特に個別な質問がある場合は私にもこたえられる部分があると思いますのでご連絡ください。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。