FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

高校生のころは、大学生になったら絶対留学するんだ!と思ってた。でも大学に入って、特に仲良くもなかった人との何気ない会話で、「留学も魅力的だけど、この大学で4年間過ごすことも魅力的だと思う」という趣旨の発言を聞いて、目からうろこが落ちたんだよねー。自分の勇気のなさの後ろ盾になってしまったがe-263
留学にいかなかったことについて具体的で大きな後悔はしていないけど、漠然としたささやかな後悔はあるかなあ。国外で何がしたかったでもないけど、「行っとけばよかったかな」と思うことは間々ある。
だからこそYUKIKOがうらやましい気持ちもあるし、すごいなあとも思うし、がんばってほしいと思う。
子供が手を離れたら留学しようかなi-198それか旦那の海外赴任を猛プッシュするかe-456

2010.08.27  ち  編集

ちー

コメントありがとう。
人生のいろいろな行動は、その時点では自分に合っていたものなのだと思う。だから、きっと本当に留学することを望んでいるなら、ちーにはちーのタイミングと、方法がこれから見えてくるのではないかな。

そして、留学までの道のりも、結構小さなことの積み重ねで、結局は大きな流れになっていくのだろうと思う。

なんで留学したいと思っていたのかをまた考えてみるとよいかもね。何を勉強したいとか・・も。そしてそれを日本社会のためにどう生かしたいのかも。

結婚して、子どももできると、一人ですべてを決めることはできないけど、またその時にはその時のやり方があるから柔軟に選択肢を模索してみてね。私の友人でも子どもがいても一緒に海外へ来ている人もいるし、これからそれをしようとしている人もいるよ。旦那さんの転勤で海外へ行く子もいるし。

私の希望は、ちーだけではなくて、ちーの旦那さんや、子どもも日本代表としてがんばって欲しいから、ちー一人の留学という形ではなくて、ちーの家族も巻き込んだプロジェクトになるね。(勝手な希望です・・・笑)がんばって!

とはいえ、子育てって本当に大切だと思う。だから、ちーはそれをまっとうしていて本当に尊敬しているよ。

2010.08.27  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

日本での夏休みと、ミネソタでの数日間の滞在を終えて、月曜にボストンに到着しました。

ボストン郊外のニュートンというところにいるのですが、まだついてから3日目なので、住んでいるところと大学キャンパス周辺しかまだ探索できていないです。が、このあたりは閑静な住宅街で、緑も多くとても静かで、初日から落ち着いています。

到着してからの数日間が雨なので、また天気が良くなったらキャンパスの写真をもうちょっと撮ろうと思っていますが、一枚だけ撮りましたので載せてみます。

197.jpg

ボストンカレッジの大学キャンパスは、Chestnut Hillという小高い丘に建設されています。
ですので、キャンパス内の高低差が結構あり、この写真ように、階段を下りて行ったり、または上手にエレベータ等を使いながらキャンパスを行き来します。

新入生に共通のことですが、留学先の大学についたら、早目に留学生担当のオフィスへ行ってビザの書類などを提出します。それから、大学の学生カードを作成したり、学校生活に便利な銀行を開いたりします(キャンパス近くにATMがたくさんあるかどうかによって)。ミネソタにいた時は、TCF銀行という地域の銀行が大学の周りでは一番有力でしたので、そこで開いたのですが、Boston CollegeではBank of America又はCiti Bankが便利なようです。
大体、大学の留学生オフィスなどで聞くと、どの銀行が大学周辺で便利かをおしえてくれます。

今日は、初めて自分の指導教員とも面会しました。
優しそうな雰囲気だったので、ひとまず安心です。今後は勉強面で、先生に見放されないようにがんばらなくてはと思いました。

それから、前回の留学先でも思っていたことですが、ここでも、中国人をはじめ、多くの海外からの研究者や学生に会いました。最近アメリカでは、中国や韓国の存在感がとても高まってきており、日本人としては、もっと日本の人たちが留学したり研究しに海外へ来てほしいと思います。

もちろん、日本でも水準の高い教育を受けることができるので、留学をしなくても日本での就職に支障はないかもしれません。

が、海外の人が日本人留学生や研究者と交流する機会が相対的に減ってしまうのでは、日本に対しての理解や友好を深める機会も失い、世界での存在感も薄まってしまうことが懸念されます。

それに、留学は時間的な制約もありますので、いつでもできるものではなく、その効果も将来にわたって人生を変えるくらいのインパクトがあるものだと思っています。一時的な就職を目的とすると見落としがちですが、長い目で見て、人生における影響も少しだけ考えて、留学という選択肢も検討してみると良いと思います。

留学することは、自分一人の成長や学習ためだけではなくて、地域の人との国際親善を通じて日本のためもになるし、そして、学んだことをまた日本の発展のために活かすことができる、ということをもっと意識して、多くの人が留学を目指して欲しいなと思います。

そして、私のブログでの留学準備情報が少しでもそのお役に立てればと思っています。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

高校生のころは、大学生になったら絶対留学するんだ!と思ってた。でも大学に入って、特に仲良くもなかった人との何気ない会話で、「留学も魅力的だけど、この大学で4年間過ごすことも魅力的だと思う」という趣旨の発言を聞いて、目からうろこが落ちたんだよねー。自分の勇気のなさの後ろ盾になってしまったがe-263
留学にいかなかったことについて具体的で大きな後悔はしていないけど、漠然としたささやかな後悔はあるかなあ。国外で何がしたかったでもないけど、「行っとけばよかったかな」と思うことは間々ある。
だからこそYUKIKOがうらやましい気持ちもあるし、すごいなあとも思うし、がんばってほしいと思う。
子供が手を離れたら留学しようかなi-198それか旦那の海外赴任を猛プッシュするかe-456

2010.08.27  ち  編集

ちー

コメントありがとう。
人生のいろいろな行動は、その時点では自分に合っていたものなのだと思う。だから、きっと本当に留学することを望んでいるなら、ちーにはちーのタイミングと、方法がこれから見えてくるのではないかな。

そして、留学までの道のりも、結構小さなことの積み重ねで、結局は大きな流れになっていくのだろうと思う。

なんで留学したいと思っていたのかをまた考えてみるとよいかもね。何を勉強したいとか・・も。そしてそれを日本社会のためにどう生かしたいのかも。

結婚して、子どももできると、一人ですべてを決めることはできないけど、またその時にはその時のやり方があるから柔軟に選択肢を模索してみてね。私の友人でも子どもがいても一緒に海外へ来ている人もいるし、これからそれをしようとしている人もいるよ。旦那さんの転勤で海外へ行く子もいるし。

私の希望は、ちーだけではなくて、ちーの旦那さんや、子どもも日本代表としてがんばって欲しいから、ちー一人の留学という形ではなくて、ちーの家族も巻き込んだプロジェクトになるね。(勝手な希望です・・・笑)がんばって!

とはいえ、子育てって本当に大切だと思う。だから、ちーはそれをまっとうしていて本当に尊敬しているよ。

2010.08.27  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。