FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

お帰りなさい…、ではないですね。今私はアメリカですから。
お疲れ様でした。1拍手。
本国に乗り込むと、やはり刺激の度合いが違いますよね。私も4月にこれから入学する大学に行って刺激を受け、その後のプランがすっかり変わってしまいました。
私も大学院での授業、研究に備えて、毎日英語を勉強・練習しています。でもネイティブと渡り合っていけるレベルはまだはるか彼方のような気がします。
お互いがんばりましょう。

2008.06.04  rigmarole  編集

rigmaroleさん

いまアメリカにいらっしゃるのですね!またぜひブログで近況を拝見させていただきたいと思います!

はい、本当に刺激的でした。ええ、私はrigmaroleさんの4月のブログを読んだ時もかなり刺激を受けましたが、自分自身が体験してみると、さらに強烈です。

ネイティブと渡り合っていけるレベル・・・。それが憧れではありますが、なかなか先は見えません。それでも一歩ずつ、地道に積み上げるしかないですね!
はい、お互いにがんばりましょう!

2008.06.05  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ワシントンDCで行われた国際教育担当者会議(NAFSA)へ参加してきた。
今年はNAFSA設立から60周年ということで、例年にもまして大きな規模で行われていたので、セッションや、ワークショップ、講演、EXPOなど、すべて回りきる時間は到底無い。

私はこの会議に参加したのは今年で3回目だったので、大体の感じは掴んでいたため、自分なりに目的を定めて、あまり欲張らずに参加することにした。

今回の目的は、私の留学先となるミネソタ大学に留学中の方や、先生方とコンタクトを取ること。

ワシントンDCでホテルをシェアした方もミネソタ大学の修了者の方だったので、その方を通じて、いろいろな方を紹介してもらうことができた。

現在ミネソタ大学大学院修士在学中の学生さん、留学生オフィスで働く方、プログラムの教授(指導教員ではない人だったが)、ミネソタ修了生で日本に帰りこの分野で働いている方などなど・・・。

それからもう1つの収穫といえば・・・
英語がまだまだだということを実感して、ショックを受けたこと・・・。

ネイティブ同士が話している時はもちろん速さについていけないし、ネイティブでなくても大勢で英語で話しているときは、上手く話題に入れない・・。
1対1で話している時はまだマシなのだが、言いたいことが上手く伝えられなかったり、すぐに出てこなかったり。
この状態では到底大学院の授業のディスカッションにはついていけないわ・・・。

あと2ヶ月で、少しでも挽回しないと。。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

お帰りなさい…、ではないですね。今私はアメリカですから。
お疲れ様でした。1拍手。
本国に乗り込むと、やはり刺激の度合いが違いますよね。私も4月にこれから入学する大学に行って刺激を受け、その後のプランがすっかり変わってしまいました。
私も大学院での授業、研究に備えて、毎日英語を勉強・練習しています。でもネイティブと渡り合っていけるレベルはまだはるか彼方のような気がします。
お互いがんばりましょう。

2008.06.04  rigmarole  編集

rigmaroleさん

いまアメリカにいらっしゃるのですね!またぜひブログで近況を拝見させていただきたいと思います!

はい、本当に刺激的でした。ええ、私はrigmaroleさんの4月のブログを読んだ時もかなり刺激を受けましたが、自分自身が体験してみると、さらに強烈です。

ネイティブと渡り合っていけるレベル・・・。それが憧れではありますが、なかなか先は見えません。それでも一歩ずつ、地道に積み上げるしかないですね!
はい、お互いにがんばりましょう!

2008.06.05  yukky  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。