FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

お誕生日おめでとう。
ちゃんと当日にメールしようと思ってたのに、寝かしつけてたらそのまま自分も寝てしまったv-12
日本人も愛国心はなくないんだろうけど、国歌とか国旗とかだとちょっと難しいところがあるよね。なんというかnationとしての日本は取り扱いが難しいような。

2010.07.07  ち  編集

覚えていてくれてありがとう!ちーも元気かな?

うん、日本人で日本のことを好きな人もたくさんいるとは思う。特に日本にいると感じにくいけれど、他の国の人達を見ていると例外なく、国歌や国旗って本当に基本的なことで、歌うとか掲げることに疑問が生じるようなレベルのものではないんだよね。この感覚のズレは教育やメディアの影響がなしには考えられない不自然さを感じます・・・。日本でももちろん全員ではないし、特に若い世代に多いと思うから・・・。

2010.07.07  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

7月4日はアメリカ独立記念日です。アメリカがイギリスとの独立戦争に勝利し、独立を勝ち取った日です。

この日の夜はアメリカ各地で花火が上がっていたのですが、一番近くのミネアポリスダウンタウンの花火を楽しみました。

アメリカに来て思うことですが、アメリカでは、国を誇り、愛するという国民の愛国心の高揚がとても自然な形で、社会のいろいろな場面で確認されているように感じます。

先日、アメリカのメジャーリーグベースボールを見に行ったのですが、試合前に国歌が流れる際に、球場にいる人々が全員、ハンバーガーを売っているお店の店員も含めて仕事を止めて、胸に手を当て国歌を恭しく聞きながら、国旗の方に向けて敬礼をしていました。

また、街のあらゆるところで、大きな星条旗が誇らしげにはためいているのを目にします。

そして、国を守る国防軍についても、社会的に大きく認知され、尊敬されているし、若い人たちで、軍隊を目指し、アメリカのために働こうという人たちがたくさんいます。もちろん、働くことによって対価を得たりするという理由もありますが。

アメリカは個人主義として知られている一方、国としての誇りと愛国心がとても強く、国が国としてまとまっているという一面も持ち合わせていることが、アメリカに来てとても実感できます。いろいろなバックグラウンドの人が集まって構成しているとても特殊な国なので、同時に、国としてどうやったらまとまるかという課題を抱えているものの、国歌や国旗を中心とした愛国心が人々をつなぐ役割を果たしているのだと思います。

このような、基本的な国としてのまとまりと誇りを育てる国歌や国旗を大切にするという姿勢が、戦後の日本の教育や、メディアの影響によって欠けてきている事実を、海外に行って自然に存在するアメリカやその他の国々の人達の愛国心に触れる中でたびたび自覚され、危機感として感じる今日この頃です。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

お誕生日おめでとう。
ちゃんと当日にメールしようと思ってたのに、寝かしつけてたらそのまま自分も寝てしまったv-12
日本人も愛国心はなくないんだろうけど、国歌とか国旗とかだとちょっと難しいところがあるよね。なんというかnationとしての日本は取り扱いが難しいような。

2010.07.07  ち  編集

覚えていてくれてありがとう!ちーも元気かな?

うん、日本人で日本のことを好きな人もたくさんいるとは思う。特に日本にいると感じにくいけれど、他の国の人達を見ていると例外なく、国歌や国旗って本当に基本的なことで、歌うとか掲げることに疑問が生じるようなレベルのものではないんだよね。この感覚のズレは教育やメディアの影響がなしには考えられない不自然さを感じます・・・。日本でももちろん全員ではないし、特に若い世代に多いと思うから・・・。

2010.07.07  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。