FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

2010.07.24  添え状の見本  編集

Re: タイトルなし

コメントどうもありがとうございます。
最近更新できていないですが、またがんばります。

2010.07.28  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

CV(Curriculum Vitae:シーヴィ、カリキュラム・ヴィーテー)は、個人の学歴や職歴、その他の経験、技術や資格などをまとめたもので、日本語でいう、経歴書のようなものです。

大学院申請の際や仕事探しの際に、「レジュメ、又は、CVを提出すること」というように、レジュメと並んで語られることが多いCVですが、長さ、内容、そして目的がレジュメとは少し違います。

CVの特徴(レジュメと比較して)

長さ

レジュメは基本的には1枚で、職務経験が長い場合などは2枚でも良いですが、CVは、長さの限界はありません。レジュメでは1枚に収めきれずに、泣く泣くカットしてしまうような内容があるとしたら、CVではそれらのうち申請にプラスになると思われることは、長さを気にせず載せることになります。

目的

CVは、学術系・アカデミック関係のポジション(教授、准教授、講師、企業での研究者など)に応募する際、レジュメの代わりに求められることが多いです。
一方レジュメは、会社等の仕事関係の求人や、学術系でも職務経験・研究経歴が短い場合などに使われます。
大学院の博士課程に応募する際に、すでに多くの研究・活動経歴がある場合には、レジュメではなく、CVを提出することもできるでしょう。ただ、基本的には学部を卒業した段階では、レジュメで十分だと思われます。

内容

CVは特に、教育経験や、研究実績、職務経験など、学術的な分野での実績や活動などが中心となります。出版物や、論文、教育歴、学会発表、プレゼンテーション(大学院の授業中プレゼンテーションも含めて良い)等は特に省略せずに、詳しく記載します。他の項目(学歴、その他の活動歴、ボランティア、語学、受賞歴)はレジュメと似た項目をのせます。

*私は、ホームページ作成スキルについても、その他の活動として言及していたところ、(以前に、ウェブデザイン学校でTAのボランティアをした経験があるため、少なくとも教えることを助けたという経験として。)博士課程受験の際に受けた2つの電話インタビューにおいて、このスキルが博士課程の学生には重要だという話のネタになりました。多くの大学院プログラムでは博士課程の学生がそのホームページを更新しているそうです。
ただしもちろん、それ以外の学術系の経歴の方が、入試においては重要です・・・。


レジュメの場合は、求人ポジションの応募要項に書かれている項目に沿って、学歴や、専攻分野、特定の技術や、経験など、重要と思われる項目を選んでその都度カスタマイズし、1枚から、長くても2枚に収めます。教授ポジションではない限り、出版物のすべてや、学会発表などをすべて載せるスペースはないため、応募するポジションにおいて重要ではないものは省略することになると思います。

グーグルの画像検索で「Curriculum Vitae」を検索すると、いろいろなサンプルが見られます。

ミネソタ大学のキャリアオフィスのホームページにもCV作成のポイントとサンプルがありますので、リンクをのせておきます。

http://www.stpaulcareers.umn.edu/cvs.html

http://www.stpaulcareers.umn.edu/cvsamples.html

スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

2010.07.24  添え状の見本  編集

Re: タイトルなし

コメントどうもありがとうございます。
最近更新できていないですが、またがんばります。

2010.07.28  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。