FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

私は本当に留学して良かったと思う。
しかも、それがあまり若いうちではなくて、仕事を少し経験してからだったことがとても良かったと思う。

アメリカの大学院には、仕事をしながらや、また仕事の経験をしたうえで、大学院の学生になる場合も少なくない。学部を終えそのあと直接大学院に来ている学生もいるが、私は個人的には、少し社会人を経験したうえで、留学する方が効果的なのではないかと思っている。

それは・・・

1、社会人を経験することで、どのような能力や知識が自分に足りず、どのような勉強をすることでそれを満たせるかを自覚している。

2、責任が求められる社会人を経験することで、自らの宿題や、授業への態度も責任あるものになる気がする。

3、社会人だった人がもし退職して留学した場合、背水の陣で臨むため、意気込みが違う。

4、社会人経験から、実際の社会における問題点について理解が深く、授業内でも発言したりして貢献できる。

5、年齢的に少し成熟しているため、異文化の中でも精神状態が比較的安定している。一人で住んだり、自分のスケジュールを管理する能力などが備わっている。

6、アメリカでは実務経験を常勤で務めたことはとても高く評価されるので、レジュメなどに書くと信頼性が上がる。


ということで、社会人経験の中で重ねてしまった年齢を気にしてしまいがちですが(私も。。)、一度社会に出た後でも、一念発起をして留学をして、日本のために専門分野を外国で学びたい強く思っている人がいたら、私は強く応援します!!
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。