FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

修士2年目の最終学期が始まりました。


今学期は、異常心理学・精神病理学のアセスメント(4単位)、とプラクティカム(4単位)の2クラスだけを受講する予定。合計8単位は、アメリカの大学院としては、平均的な単位数な気もするが、私にとってはちょっと抑えめ。


ミネソタ大学の私がいる学科では、6単位以上14単位未満の場合は授業料が一緒なので、高い授業料を払っていると、できるだけ多くの授業を取らないと損なような気がしてしまうので、なんだか無理をしてしまって、いつもできるだけ多くの授業を取ろうとしてきた。

でも、たくさん授業をとると、それだけたくさんの課題もでて、それぞれ一つに費やせる時間が少なくなってしまうので、自分で自分の首を絞めることに・・・。授業数と、実際に自分がこなせる勉強量のバランスをとることが重要であるとだんだん実感してきた。


というわけで、今回悩んだものの、もうひとつ取ろうかと考えていたクラスを取ることはやめて、2つだけに絞ってみた。それでも、週24時間の実習と、2つの授業にかかる準備は時間がかかるので、暇だという気はしないが、先学期よりは少し気持ち的に余裕がある。

私のプログラムでは、修士論文を課さないので、自分なりに修士論文よりは小さい規模で何か研究ができたらと思っている。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。