FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

Gran Trino

グラントリノよかったよね!

2009.05.02  enshun  編集

enshunさん

そうですね!全体的に緊迫した雰囲気でしたが、みてよかったと思います。また映画や芸術作品を鑑賞したらできる限りブログで報告します!

2009.05.06  yukky  編集

アルコムワールドの映画つぶやき祭りの賞品としてこの映画が当たりましたので、家族でみています。モンのこと初めて知りました。社会問題を考えさせる映画でイーストウッドならではの感がしました。隣家の人たちと牧師も印象的。アメリカには昔住みましたが、いろいろと思い出しました。

2010.09.04  田中  編集

田中さま

コメントありがとうございます。

そうですね、この映画の結末のシーン、いまだに印象に残っています。

アメリカに住んでみると、多様な文化的背景を持った人たちが、地域ごとに異なった割合で住んでいるので、それぞれの場所によって本当に違った雰囲気があると感じます。

ミネソタ州はモンの移民を多く受け入れていたので、大学の授業でモンの話も取り上げられましたし、モンの学生たちも大学に所属していましたが、それもまたミネソタならではの状況だったのだと思います。

アメリカに来ると宗教、特にキリスト教が本当に根強いと感じます。そういったアメリカの社会の要素が複雑に絡まった映画ですよね・・。

2010.09.04  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ミネソタはHmong(モン)というアジアからの難民を多く受け入れている。受入数は全米第二位(カリフォルニアの次)だそうだ。

アメリカに来るまでHmongという言葉自体聞いたことがなかったが、日本ではミャオ族と呼ばれていて、それなら少し聞き覚えがある。だが、ミャオという呼称は蔑称だととらえる人たちもいるようだ。

彼らは、アジアのベトナム、ラオス、中国、タイの山岳地帯に住んでいる、国を持たない少数民族だ。

ミネソタにはHmongの人たちが多く住んでいるので、Hmong Marketといういろんなものを売っている市場がある。そこへ授業の一環で、クラスメートと行ってみた。

結構大きくて、そしてとても混んでいる。マーケットの中は、Hmongの人たちしかおらず、アメリカにいるというよりは、アジアのどこかのマーケットの中を歩いているかの様だった。お店を開いている人たちは中年くらいの人が多く、ほとんどが英語を話せない人が多いようだった。

屋外で布を売っている人。
106.jpg

いろいろなおもちゃなどが安価で売られている。
107.jpg

Hmongの衣装。
109.jpg

市場の建物の中も結構広い。
110.jpg

アジアの野菜も売られていた。
111.jpg

漢方薬みたいなもの?
112.jpg

中には食堂もあって、アジアの屋台のような雰囲気。
113.jpg

レストランスペースもある。
114.jpg

ちょうど、Hmongの勉強をしていたのとタイムリーなタイミングで映画を見に行く機会があって、Gran Torino(クリント・イーストウッド)を見た。

この映画の中では、アメリカ人の老人と、Hmongの少年とその家族との出会い、交流が描かれている。老人の血のつながった子供夫婦との関係がとても希薄で冷めきったものであるのに対して、Hmongのコミュニティーは人とのつながりがとても濃い。

若干バイオレンスが入っているので、ちょっとドキドキしますが、それでも全体としての文化、年齢という枠を超えた人と人との出会い、またHmongの人たちの生活を垣間見るという部分でも見る価値ありです。オススメします。
スポンサーサイト


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

コメント

Gran Trino

グラントリノよかったよね!

2009.05.02  enshun  編集

enshunさん

そうですね!全体的に緊迫した雰囲気でしたが、みてよかったと思います。また映画や芸術作品を鑑賞したらできる限りブログで報告します!

2009.05.06  yukky  編集

アルコムワールドの映画つぶやき祭りの賞品としてこの映画が当たりましたので、家族でみています。モンのこと初めて知りました。社会問題を考えさせる映画でイーストウッドならではの感がしました。隣家の人たちと牧師も印象的。アメリカには昔住みましたが、いろいろと思い出しました。

2010.09.04  田中  編集

田中さま

コメントありがとうございます。

そうですね、この映画の結末のシーン、いまだに印象に残っています。

アメリカに住んでみると、多様な文化的背景を持った人たちが、地域ごとに異なった割合で住んでいるので、それぞれの場所によって本当に違った雰囲気があると感じます。

ミネソタ州はモンの移民を多く受け入れていたので、大学の授業でモンの話も取り上げられましたし、モンの学生たちも大学に所属していましたが、それもまたミネソタならではの状況だったのだと思います。

アメリカに来ると宗教、特にキリスト教が本当に根強いと感じます。そういったアメリカの社会の要素が複雑に絡まった映画ですよね・・。

2010.09.04  Yukiko  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。