FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2014.01.13

居場所

冬休みの一時帰国を経て、約1ヶ月ぶりにボストンカレッジのオフィスに戻った。

1ヶ月ぶりだから、新鮮な気持ちで、オフィスに向かう。

だけど、目に映る風景や、車道や沿道の木々はやはり懐かしく、1ヶ月前の、そして4年前から私が知っているものだ。雪の日も、雨の日も、暑い日も、寒い日も、早朝も、深夜も、ここを通った。

私がこの地である程度の時を過ごしてきたことを改めて実感する。

オフィスで、先輩、後輩と挨拶、雑談を交わす。

私の居場所がここにあることを実感する。学生の間のつかの間のものであっても。

1ヶ月ぶりだけど、変わらない場所。

また明日からも、ここで、残りの執筆に取り組みます。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

一日間違えてしまったけれど、無事にボストンでの初点てに参加することが出来た。

ハーバード茶道部ではちらし寿司とお吸い物という簡略化したスタイルで初点を何度か経験していたが、今年初めて参加させて頂いた裏千家ボストンの初点てでは、会員の方々の準備して下さった和食のお膳がとても本格的で、とても美味しく、アメリカであるということを忘れるような、また、アメリカでこのような和のおもてなしを受けることが出来るというとても贅沢な時間を過ごさせて頂いた。

私としては、着物を家から着てお茶会に参加する初めての経験をすることが出来て、これまでに着付けを習ってきた先生に感謝するとともに、自分の足りなかった部分の成長が少しでも感じられて嬉しく感じた。

今日の勉強以外のひと時で充電して、また博論執筆に戻ります!!



*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

ブログが大変滞っておりました。学業生活が佳境を迎えて忙しくなっていたこともあり、気がついたら新年です・・・。

昨年の後半は、初めて日本の査読付き論文誌に報告を載せることが出来ました。そこに至る過程では、4回も修正論文を出すことになりましたが、戻ってくるたびに心が折れそうになったことを思い出します。

学会でのポスター発表、学内でのセミナー報告など、ちょこちょこ小さな発表があったりと、その準備をしたりしていたら、本業の論文の進度がどんどん遅れてしまい、現在に至っています。

3月末までにディフェンスできれば、5月の卒業式に出られるので、この2ヶ月を勝負と思ってがんばります!
もう、親の卒業式のホテルは予約してしまったし・・ 汗

懸念材料は、ドラフトを仕上げた後先生からフィードバックをもらえるのに2週間程度かかるので、その間の時間が浮いてしまうこと・・。それによって、いつの間にかディフェンスの時間が無くなってしまうこと。
早くドラフトを完成させて、先生に見せられるようにしなきゃと、気を引き締めます!

最悪、3月までにディフェンス出来ない場合は、夏卒業・・?でも今年の卒業式にでたいなあ・・・!!!
まずはスケジュール的に可能か先生に相談しようっと。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

今日は、これまで習ってきた着付けの成果を発揮するべく、着物を自分で着て、小雨降る中、ボストンでの初点てのお茶会に参加しようと意気込んでいって到着したら、実はお茶会は明日だったことが判明・・・泣

日にち間違えるかあ・・・。あり得ない・・・。
まあ、一日後と間違えるよりはいいかな。

ただ、今日だけだからと思って家で着物をがんばって着て、天気の悪い中、荷物を持って会場に行ったその努力が無駄の泡・・。着物が汚れないように気をつけて歩いた道のりを、手ぶらでまた同じように歩いて帰らねばならないの・・?!

やるせない気持ちを持って、帰りのバスを待つ間の時間つぶしのために通された部屋に入ると、以前シンポジウムでお会いした、この学校の学長先生と遭遇。。。

お茶会の日にちを間違えてしまったんです、と着物姿で弁明したところ、その日の夕方にその大学の特別なレセプションがあるので、折角だから都合が付けばぜひいらして下さいと招待して下さった。折角着物を着てきたんだし、着物を着ている人がレセプションにいるのも華やかで良いだろうということで。

私は始め、明日も来なくてはならないからと一度断ったものの、この学長先生が招待して下さっているのに、このご縁をみすみす逃すなんて・・と、考え直してやっぱり参加させて頂くことにした。

レセプションでは、これまでにお世話になったその学校の関係者の方ともまたお会いすることが出来たし、この学校のアットホームな雰囲気の中に包まれる感じも心地よかった。そして、その学長先生のエネルギーあふれる振る舞いを見ていて、最近ぼやけ気味だった将来像にはっきりとしたイメージが描けた。私はこの方のように、出会う人を元気にさせるような、エネルギッシュで暖かい人になりたい。とても勇気を頂けた。

自分の勘違いで一日違いの訪問が、まさか予想外の再会をもたらすとは。そして、その再会にとても元気をいただけるなんて。今年はきっと、いい波に乗って行ける気がする♪

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。