FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2013.04.08

Proposal Hearing

今日は、自分の研究計画を論文審査委員の前で発表するという、Dissertation Proposal Hearingがありました。

一応、このプロセスに進める前提として、研究計画書(research proposal)を審査委員にみてもらって、その内容をもとに研究計画の発表の準備はできたということで、このProposal hearingを開くことができるという段取りだったので、当日になってサプライズで悲劇が起こるような可能性はなさそうだということはわかっていたけど、それでも一応、プレゼンテーションの準備もあるし、質疑応答もあるということで、終わるまでは若干不安と期待の入り交じった気持ちでした。久々、ちょっとプレッシャーで、他のことをしてしまったり、準備が終わる前に寝てしまったりという、以前に課題の締め切り前にみられた現実逃避の行動が少しですが再発しました・・・(笑)でも最終的には無事に終わったので、良かったです!

私のプログラムの場合は、指導教員が審査委員長になって、あとは、2人のReaderと呼ばれる審査委員のメンバー(一人は自分の所属するデパートメントから、もう一人はデパートメント外から)がついて、合計3人で審査委員を構成しています。違う大学によって人数も構成も違ってくると思います。

当日議論された内容をあとで確認できるようにしたかったので、審査委員の方々に許可を取った上で、録音をさせてもらって、Proposal Hearingが開始しました。

10分間で、私が自分の研究概要を発表して、そのあと、手直しした方が良いところや、加えた方が良いところ、曖昧だったところなどについて質問を受け、それに答えたりしました。
 
Final defenseとは違って、Examではなく、Consultationの機会というような位置づけとのことだったので、質問に私が完全に回答できなかったとしても、他のコミッティメンバーなどが代わりにアイディアを出してくれたり、サポートしてくれたりと、全体的に和やかな雰囲気で進みました。私も、これまでの経験と比べ、プレゼンテーションの部分でもそんなに緊張することなくはなせたような気がします。

というのも、これまで2年くらいずっと少しずつ準備して来ていたトピックだったので、今回のプレゼンのために何かを記憶して話すという必要がなく、自分の中である程度ずっと考えていたトピックだったので、頭が真っ白になるということがなかったからかもしれません。もちろん、特にプレゼンが苦手という意識がある私としては準備をしてのぞむことが重要ということはずっとわかっていたのですが、こんな私でも、大学の授業などでの発表の機会などを通じて、前よりは英語でのプレゼンに慣れてきていたのかもしれません。

とにかく、一つの通らなくては行けない関門を抜けることができたので、このあとは、IRBという人を対象にした研究を行う場合に必要な大学での審査を経て、インタビュー参加者の募集、インタビューの実施と、実際の研究らしい部分に入っていけることになりました!

予定より少し遅れてしまいましたが、ちょっとずつ、地道に論文執筆へのプロセスを積み重ねることができて嬉しいです。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。