FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

アメリカの大学院に申請をしている方々にとっては、この4月中旬から下旬にかけての時期というのは、将来の進路がどうなるかが判明する重要な時期だと思います。

この頃になると遅めなところでも結果が判明してくるので、やっと先のことを考えられるようになると思います。
結果がわからないことには何も決められないので、結果通知を受けて次の一歩に踏み出せ、区切りを迎えることが出来ます。

2年前、私の尊敬しているアメリカ人の教授に、この時期になってやっと合格が出たことを伝えると、その先生自身はかつて博士課程の申請をしたときに5月になってから補欠で合格したんだという話をしてくださいました。今は教授として活躍されていて、魅力ある授業の賞を取られていたり、本もたくさん編集したり出版されたりととても華々しく見えた先生だったので、その先生ご自身が補欠の繰り上がりで合格されたという話はとても意外でした。でもそれを考えるとアメリカの博士課程の試験というのは本当に巡り会わせなんだなと思います。

良い結果がえられた方、おめでとうございます!より充実した留学生活が出来るように、英語の勉強や授業の予習などを始めておかれると留学生活がスムーズになるのではないかと思います。
そして、もし不合格となってしまった方、この半年の間に専攻に関連する実践を積みながら英語の勉強をして、来年に向けてモチベーションを切らさずにがんばってください。来年度の申請までは実質半年しかないので、きっと思っているよりすぐに時間は過ぎて行くと思います。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。