FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

今日は、秋から始めていたボストンでのお茶のお稽古で、今年最後のお稽古となりましたが、初めてお茶を点てさせていただきました。記念すべき一日です!

アメリカにいる間に日本文化を学ぶことはできないかなと、多少あきらめかけてはいたのですが、ハーバード大学にある茶道クラブに参加させて頂くことができて、この秋から週に一度お茶のお稽古(裏千家)を始めることができました。

勉強や宿題で忙しくしていると、何か別のことをする機会から本当に遠ざかってしまうので、一週間に一度、勉強を離れてゆっくりとお茶のお稽古に集中することができる時間はとてもリフレッシュできます。おいしい和菓子と、お茶をいただいて、静かなお茶室の中でゆっくりと季節を感じ、日本の季節や草花のことを思いながら、何ともほっとするひとときです。

アメリカにいる他の日本人の博士課程の学生さんも言われていたのですが、博士課程は長いので、勉強だけではなくて、人生を通じて続けていけるような何か別のことにも時間を取りながら過ごすことはとても大切なようです。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

今日は自分がいま取っている授業のいくつかのクラスの最終授業でした。
夏の終わりから本当にあっという間で、もう学期末そして、年末だということは信じられないです。

今年のボストンの冬は、例年にないほどの暖かさで、秋のような気候が続いていたので、去年よりも本当に過ごしやすいです。ボストン自体に、そして博士課程の学生としての生活に慣れてきたということもあってか、今学期は本当に勉強という意味ではとても楽しかったです(まだ終わってないけど)。

今回の学期は、質的研究法と、教育の歴史という授業を取ったのですが、両方ともベテランの先生で、なんだろう、とても刺激を受けて、勉強をがんばろうと思わせてくれる先生方です。
そして、がんばっている姿をちゃんと評価してくれて、質問などにも嫌な顔をせず受け付けてくれるし(大体の先生はそうですが)、一人一人をしっかりと見極めてくれている、そんな気がします。


博士課程に入ってからは、修士課程の時のように成績を維持しなくてはというプレッシャーからは解放され、私が自分の研究のために準備となることを課題を通じて学ぶことが一番の目的だなと最近は思っています。

なんと言うか、こちらの授業で書くペーパーは、自分でトピックを選んだりすることもあって、だんだんそういうスタイルにも慣れてきて楽しくなってきました。

今は、勉強や研究をしたいと思って求めれば、そのやる気と実際の実践によっていろいろとチャンスがある、ということを感じます。

そういうときに、課題になるのは、タイムマネジメントと、実際の能力です。
私は、実際の能力というのも、時間の関数だと思っているので、時間をかけてしっかり勉強すれば、備えることができると思っていますが、問題は、そこにかけることのの時間が限られている、ということです。

ここまでくると本当に、同じ時間で、どれだけ効率よく、必要なことをできるか、ということが大切になってきます。論文整理のソフトウェアや、グーグルドキュメントなど、いろいろなリソースを活用して、できるだけ無駄の無いように勉強をしなくては、と思っています。今後また、こういった、利用すべきリソースについてもまた記事に書きたいと思います。


これから残り約2週間の間に4つペーパーがあるので、これからはそれらに集中・・・。がんばります!!

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

国際教育関係のメーリングリストに流れてきましたので、以下ご参考までに。

今年はもしかしたら、奨学金に採用されるチャンスが大きいかもしれませんので、来年度から海外の大学院へ学位留学される方は、応募されることをおすすめします。その際学位留学は、”長期派遣”のカテゴリになります。
締め切りも迫っており、書類準備も大変ではありますが、ぜひ応募されると良いと思います。

以下は平成23年12月1日現在の情報ですのでご注意ください。以下に「現在募集中」とありますが、平成23年12月1日現在の状況ですので、ご了承願います。


ーーー以下詳細についてーーー


●平成24年度留学生交流支援制度(長期派遣)の募集中です。
長期派遣の平成24年度募集に係る大きな変更点は以下のとおりです。
平成23年度予算人数 100名(うち新規派遣採用30名)
平成24年度概算要求人数 200名(うち新規派遣支援予定約100名) 現在募集中!!(注:平成23年12月1日現在)

応募資格・締切りなど詳細はこちら
http://www.jasso.go.jp/scholarship/long_term_h.html

●平成24年度留学生交流支援制度(短期受入れ・短期派遣)の募集中です。
短期受入れ・短期派遣の平成24年度募集に係る大きな変更点は以下のとおりです。

平成23年度短期受入れ予算人数 1,600名
短期派遣 予算人数 760名
平成24年度短期受入れ概算要求人数 1,440名 現在募集中!!(注:平成23年12月1日現在)
短期派遣 概算要求人数 3,000名 現在募集中!!(注:平成23年12月1日現在)

応募資格・締切りなど詳細はこちら
→(短期受入れ)http://www.jasso.go.jp/scholarship/short_term.html
→(短期派遣)http://www.jasso.go.jp/scholarship/short_term_h.html

●平成24年度留学生交流支援制度(ショートステイ、ショートビジット)の募集中です。

ショートステイ、ショートビジットの平成24年度募集に係る大きな変更点は以下のとおりです。
平成23年度ショートステイ 予算人数 7,000名
ショートビジット予算人数 7,000名
平成24年度ショートステイ 概算要求人数 6,300名 現在募集中!!(注:平成23年12月1日現在)
ショートビジット概算要求人数 6,300名 現在募集中!!(注:平成23年12月1日現在)
平成24年度より、専修学校(専門課程)も対象となりました。

応募資格・締切りなど詳細はこちら
http://www.jasso.go.jp/scholarship/sssv.html

※いずれの事業の実施も、平成24年度の予算の成立状況により決定されます。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。