FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2009.04.29

MLB

今日はクラスメートとミネソタツインズの野球の試合を見に行ってきた。

今日の試合は、ミネソタ大学の学生だと$5で買えるのでとてもお得ということで、クラスメートでいける人は行こうという話があり、結局、私と中国人の子、後は5人のアメリカ人のクラスメートが来た。

水曜日は$1のホットドッグもあるということで、みんなで並んで買うことに。
私は、おなかが減っていたので2つ購入。
(ホットドッグは、2つ目の半分くらいからだんだん苦しくなってしまったけど全部食べた)

ホットドックを片手に試合をみながら、野球の試合を始めて見にきたという中国人のクラスメートに野球のルールを教えようと試みるが難しく、アメリカ人の友人に代わりに説明してもらった・・。
途中からはその中国人の友達もルールを理解して、楽しめるようになっていた。

今日の対戦相手はRays(フロリダ、タンパベイ)で、日本人選手の岩村もスタメンで出場。
途中、一回若干エラー的なプレーもあったけど、そのあとファインプレーもあったので、相殺といった感じ。でも、途中か交代してしまっていた。

試合はツインズの余裕な試合で、みている方はあまりハラハラしなかったけど、どんどん点が入ったので面白かった。結局は8-3でツインズの勝利!

今まで、アメリカ人のクラスメートと外に出かける機会がなかったので、今日の野球はとても貴重で新鮮な経験でした!楽しかったし!


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

2009.04.26

カフェで勉強

これまでは、図書館や家での勉強が主だったけれど、最近はカフェで勉強をすることが増えてきました。

特にテスト前とかは、テストのプレッシャーで押しつぶされて、勉強をする前に滅入って寝てしまったりするので、一緒に勉強をしてくれる友達と、カフェに居座って勉強をするというのが、効率が良いし、楽しいし、新鮮だということを発見しました。

まあでも、そんないいことづくめではなくて、金曜や土曜の夜だと、喫茶店なのにDJが来て、大音量で音楽をかけているお店があって、昨日はそこに大当たりしてしまい、大音量の中勉強をしたりもしました。
他のお店に行けば良いのだけど、結構遅くまでやっている喫茶店が近くになかったので、とにかくそこで続けることに。。かえって、耳の感覚がまひするので、慣れてくれば意外に大丈夫ですが、やっぱりできればある程度静かな方が集中できるかな・・・。

違うカフェにいったりして環境を変えながら、自分をだましだまし、勉強に集中させていこうと思います。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

今日は今学期中でも最も忙しく、そして、ずっと恐れていた一日。クラスメートとも、この日を乗り切ればなんとかなる・・・という感じでみんなで励まし合ってきたけど・・。

苦手な統計の試験 だけではなくて、グループカウンセリングのプレゼンテーションの日でもあり、統計の論文とグループカウンセリングの論文の締切日でもある。

この日が来るというのがわかっていたので、論文は前々から少しずつ手をつけていたのは良かったけど・・、、、結局統計の試験が思っていたより難しくて、ちょっとショック・・・。

クラスメートの中には泣いている人もいたそう。。私は見ていないけど。
確かに、練習問題として配られていた問題よりもかなりひねってあって難しかった。

最初の予想では、練習問題と似たような問題が出るだろうと予想していたから(ほとんど同じで数字だけ違うとか・・・)、始めてみると、なんだか見たことないような問題があって、試験中、自分が何やっていいのかわからなくなって、本当に頭の中が真っ白になった・・・。
この感覚、ひさびさ・・・。2~3分、ただ焦っていて、頭の中が空回りしているような感覚。本当にわからない!でも、時間も限られているし、止まっている時間もない・・・。

でも、テキストやノートを見ても良いという試験ではあったので、とりあえず、授業で使ったノートなどから、似ている部分を見つけては、自分のクリエイティビティ(?)を試されてると思って、思いつく限りのことはやってみたつもり。

みんなが難しすぎて、先生に抗議をするようなことを言っていたので、何か措置が取られたらいいなあなんてちょっと期待しているけど。

やっぱりこて先の暗記型勉強じゃだめだなあ。ちゃんと背景を理解していないと、応用問題に対応できません・・・。ちょっと読みが甘かったかなあ。

と・は・い・え、
論文とか、プレゼンテーションも万端というわけではなかったけど、とりあえず終わったし、なんか、やっと一息といった感じ!

このままこのセメスターも残りわずか突っ走ってゆきます。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

ミネソタはHmong(モン)というアジアからの難民を多く受け入れている。受入数は全米第二位(カリフォルニアの次)だそうだ。

アメリカに来るまでHmongという言葉自体聞いたことがなかったが、日本ではミャオ族と呼ばれていて、それなら少し聞き覚えがある。だが、ミャオという呼称は蔑称だととらえる人たちもいるようだ。

彼らは、アジアのベトナム、ラオス、中国、タイの山岳地帯に住んでいる、国を持たない少数民族だ。

ミネソタにはHmongの人たちが多く住んでいるので、Hmong Marketといういろんなものを売っている市場がある。そこへ授業の一環で、クラスメートと行ってみた。

結構大きくて、そしてとても混んでいる。マーケットの中は、Hmongの人たちしかおらず、アメリカにいるというよりは、アジアのどこかのマーケットの中を歩いているかの様だった。お店を開いている人たちは中年くらいの人が多く、ほとんどが英語を話せない人が多いようだった。

屋外で布を売っている人。
106.jpg

いろいろなおもちゃなどが安価で売られている。
107.jpg

Hmongの衣装。
109.jpg

市場の建物の中も結構広い。
110.jpg

アジアの野菜も売られていた。
111.jpg

漢方薬みたいなもの?
112.jpg

中には食堂もあって、アジアの屋台のような雰囲気。
113.jpg

レストランスペースもある。
114.jpg

ちょうど、Hmongの勉強をしていたのとタイムリーなタイミングで映画を見に行く機会があって、Gran Torino(クリント・イーストウッド)を見た。

この映画の中では、アメリカ人の老人と、Hmongの少年とその家族との出会い、交流が描かれている。老人の血のつながった子供夫婦との関係がとても希薄で冷めきったものであるのに対して、Hmongのコミュニティーは人とのつながりがとても濃い。

若干バイオレンスが入っているので、ちょっとドキドキしますが、それでも全体としての文化、年齢という枠を超えた人と人との出会い、またHmongの人たちの生活を垣間見るという部分でも見る価値ありです。オススメします。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2009.04.14

4月の山場

気がつくといつの間にか4月も中旬で、今セメスターも残すところ5週間くらい・・・。早いなあ。

そして、大体月一でやってくるExam週間到来とともに、ペーパー課題も3つ、プレゼンテーションもあって、ちょっとした山場を迎えております。まあ、この波が来るのはわかっていたのだけど。。。

3月に一度Examを経験したこともあって、なんとなくだけど、雰囲気が予想できる分少しは気持ちは楽かな。そして、今回の方が勉強に集中できていると思う。前の反省を少しは活かしているかしら。

今日も一つ、Group Counselingの試験があって、この記述式試験ではいつも時間が足りなくなるけど、今日もやはり足りなくなりました。

時間がなくなってからの最後の方は、とりあえず、短い文でもいいやと思って文章の構成などを考えずとりあえず思いついたことを埋めて終了。

ということで、今回の記述式を反省するとしたら、もっとはじめから飛ばしていかないと間に合わなくなってしまうということ。何を書くか少し悩んだりすると、それだけで後に響くので、とりあえず考えながら書く方が良いかもしれない。全部の構成を考えてから書く時間はないので、あまり構成は考えず、質問に答えるというところだけは優先していった方がよい。

反省はこれくらいで・・・とりあえず結果もまだなので、一安心しよう。

やはり、私の場合、放っておくとぎりぎりまでやらないので、できるだけ締切日(試験日)を現実的に意識するようにした方がいい。緊迫感を保つようにすることを自分でコントロールできたらいいと思う。

最近はその気持ちコントロールの一環としてまずは環境からちょっと変えてみたりしている。部屋にいると寝てしまうので、カフェなどで勉強をしたりすると、人の目もあるせいか、意外と眠くならずに集中できる。

試験とか、課題とか、なければ気が楽なのにと思う一方、このために勉強したり緊張したりするのも実は結構好きだったりします。というか、終わった後のほっとした気持ちが好きなのかな。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。