FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2008.12.31

大晦日

初めての冬休みは日本に帰ってリラックスしています。
お世話になった方々や、友達、家族との再会の毎日で、とても楽しく過ごしています。

ミネソタを出発する前は、まだ5ヶ月にもかかわらず、なんだか寂しい気持ちになってしまいました。
この一ヶ月間、基本的には自分の部屋と、学校と、少しの余暇を楽しみながら、一歩一歩積み重ねてきたけど、その間にネットワークも少しずつ広がったり、生活にも慣れてきたところだったのだと思います。

日本ではやはり、あまり寒くない冬というのがとてもよいです。今まで冬は寒いと思っていたけど、日本の冬は今年は寒く感じません・・・。
後は、ご飯が美味しいことも嬉しいです。新鮮な生魚がスーパーに並んでいるだけで感動してしまいました。
電車も便利な東京は、出かけるにもとても楽です。

もうチョットだけ少しリラックスして、アメリカに戻ったら次の学期からまた気を引き締めて勉強頑張ります!

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

2008.12.23

Wisconsin

冬休みがはじまって、念願だった、ほかの州への旅行をしてきた。
Minneapolisからいちばん近い他の州の都市のひとつ、Wisconsin, Madison、長距離バスに乗って5時間くらい。

長距離バスに乗るのも初めてだったので、ちょっとドキドキしたが、ミネソタのダウンタウンにある発着所に行くと、冬休みがはじまってみんな移動のピークなのか、とても混んでいた。

私がオンラインで予約したバスは、ウィスコンシン経由で、シカゴまで行くというバス。
出発時刻の1時間前には発券しないといけないと書いてあったけど、ちょっと家を出るのが遅れてしまって、50分前くらいに発着所に到着した。

発券コーナーは長い列で結局出発20分前くらいになって発券できたけど、問題なかったからよかった・・。

オンラインで予約するシステムがある割には、その日の同じバスに乗る乗客が多すぎて、一台に乗れないというようなことが出発時刻にアナウンスされていた。そして、急遽2台に増便。なんという柔軟性!というか、システムで乗客の人数を制限していないのだろうか??!!

席も決まっていないので、あいている席に適当に座る・・。この適当さが良いですね・・。

バスは結局1時間遅れで出発。

ちょうど中間地点では、マクドナルドがある高速近くのバス停で、30分ほど休憩。
そのバス停直前のアナウンスが 

「30分以内に戻ってこないと、次のバスは4時間後だよー!」とか、
ほかにも同じバス会社のバスが休憩していたので、

「グレイハウンド(会社名)のバスが他にも止まってるけど、間違えたら逆方向に行っちゃうよ!」とか・・・、

フレンドリーというか、カジュアルというか、日本の丁寧なアナウンスと比較すると、妙な一体感が面白かった。

Wisconsinには結局1時間半遅れに到着。最近は夕方4時でも暗くなるので、もうすでに夜のような感じ。そして、雪もミネソタと同じくらい降っていて、ちょうど到着した日はかなりの大雪!

056.jpg

翌日はれていたけど、雪が椅子に座っているみたい。

Wisconsinの町は、こじんまりとした商店街風。ミネソタのダウンタウンは、ある程度高層ビル群があるので、はじめ、Wisconsinの一番の目抜き通りに差し掛かった時には、そこが一番栄えているとは思わず、「ダウンタウンはどこ?」と聞いてしまった・・。

Madisonは、もともとドイツ系の人が多かったということで、ビールやウインナーのようなものがとても人気。そして、酪農も盛んなので、チーズなども有名。
Wisconsin大学の農学部は、大学ブランドのチーズや、アイスクリームなど、いろいろとプロデュースしていて、町のお店でも買うことができる。私も友達と一緒に食べてみたが、結構おいしかった。

058.jpg
Wisconsin大学マスコットのバッキー

Wisconsin-Madison大学のキャンパスは、湖に面していて、大学の食堂のテラスから湖の眺めがとても良い。

大学の食堂も、ドイツの雰囲気が漂っている。古くてとても味がある。
057.jpg


大学の真ん中の道がちょうど州議事堂の前につながっていて、とても計画的に造られた町だ。大学と行政の結びつきがとても強い。

059.jpg
州議事堂の写真

060.jpg

ちょうど、州議事堂の中にはとても大きくてきれいなクリスマスツリーが飾られていた。

ミネソタに移動する前に語学研修で一緒だった友人たちと再会!Wisconsinのおいしいビールを堪能。

大学の雰囲気も、町の雰囲気もミネソタと違ってとても新鮮だった。

気がついたけど、私はミネソタに来てからいつも同じアパートに帰って、そこで寝泊りしていたので、これが初めて自分の部屋を空けた旅行だったのかとあらためて実感。3か月のセメスターを過ごしたひと部屋は私にとっていつの間にか私の居場所になっていたんだなあ・・!

こちらに来てから初めての非日常と、友人との再会を楽しみました!

061.jpg

Happy Holidays!! (電光案内板に注目!)


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

先週末10ページの論文を2つ提出したところで、疲労とプレッシャーがピークに達し、土日は風邪をひき寝込んでいた・・。

今週木曜のカウンセリング理論のファイナル試験が私の最後のプレッシャー。
教授が、試験勉強用に用意したStudy Guideは83問もShort Essayの質問があって、その答えを準備するだけで一苦労・・。

今回のファイナルでは、採点までの時間がないため、択一式の問題が70問と、エッセイ1問が課される。これまでの中間試験では、すべての問題がShort Essayの回答だったので、時間が足りずに回答を完成させることが出来なかったが、今回の救いは択一式ということで、時間に少し余裕があるということだ・・。

月曜から水曜までの3日間で、図書館にこもって、クラスメートの留学生と一緒に勉強した。
答えがわからないところを、お互いに質問し合って、教え合いながら・・・。
やはり、自分の理解は英語だと特に完璧というわけにはいかないので、お互いにわからないところを確認しながら、教科書に立ち返ってみたり、インターネットで調べてみたり、ディスカッションするなかで少しずつ理解も深まっていったと思う・・。

そして、何とか今日その理論試験を終了して、私も晴れて初のセメスターを終了しました・・!
大変だったけど、いろいろなものを駆使して、何とかなった・・。そんな感じです。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

Minneapolisには、公立学校(小学校から高校)で、ボランティアできるというプログラムがある。
ただし、選考期間がとても時間がかかるものだと、今応募しながら実感しているところだが。。。

Volunteer Mpls
http://commed.mpls.k12.mn.us/Vol_Services.html

AchieveMpls
https://www.achievempls.org/

8月下旬にオンラインから申し込みをして、10月にオリエンテーション、11月に推薦者(指導教官にお願いした)への電話による、応募者の身元確認、そして11月下旬、配置先の高校のボランティアコーディネーターから連絡があり、やっと12月の今日、初めてその高校に出向いて、担当者と会ったり、ボランティアする場所を見ることができた。

かなり厳重な選考過程となっているのは、おそらく、公立高校だということと、アメリカという地域がら、危険なことが発生しないように、細心の注意を払っているものだからだと思われる。

私は週に2時間、公立高校のキャリアセンターのようなところで、ボランティアさせてもらえることになった。授業でロールプレイなどはやるものの、やはり、実際の体験を通じて、少しずつ慣れていければいいと思う・・・。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2008.12.10

授業終了~

留学して初めてのセメスターの授業も火曜日で終了した。
3か月と1週間。
初めは先が見えず、いつも明日の課題のことしか考えられなかったけど、そんな状況で一日一日は過ぎて、いつの間にか一学期を何とか乗り切れそうなところまでやってきた!あと一息!

あとは今週締め切りの論文二つと、来週のカウンセリング理論ファイナルに向けての勉強を残すのみ。

先週の金曜には、今まで私を苦しめてきた統計学のファイナルも終わり、肩の荷が下りたところ。
本当に、統計のTAには本当に本当にお世話になった。そして、統計を専門にしている日本人の先輩にもお世話になった。本当に、可能な限りすべての助けをお借りして取り組んだ結果、他の授業よりも成績は良いかもしれないという結果に・・・。理解をしているかというよりも、択一式の試験との相性が良かったという運による要素が大きいけど・・・。

来学期は、Research Methodという、リサーチのシュミレーション授業が統計みたいな感じらしいので、また今度はそれに苦しむことになるけれど、何と統計学の救世主のTAがそのクラスのTAだそうです。それがせめてもの救いだわ・・!

あと約1週間後のファイナル試験が終われば冬休み!それを目当てにあと少しがんばります~。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。