FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

10月26日の日曜に、さっそく雪が降りました。

今回は積もらなかったけど、風も強くて、吹雪のような感じ。10月でこれかあ。。冬は乗り切れるかなあ・・・。

今週はブーツを買いにゆきます。そして、そのうち、長い丈のダウンジャケットを買うかなあ・・・。ニット帽もいるかな。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

2008.10.21

SSN申請

10月の試験も一段落、課題のペーパーも形になったので、VISA書類が届かずに出来なかったSocial Security Numberの申請に行ってきた。結構混んでいて、2時間ぐらい待ったので疲れてしまったけど、手続きはすんなり。2週間くらいで郵送されてくるということ。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

まだ来週の論文の課題は終わっていないけど、教会の人のイベントでリンゴ園に行ってきた。

秋が終わる前に、勉強の隙間を縫ってちょっと気晴らし。

040.jpg
紅葉がきれい。

041.jpg
Apple Picking と Hay Ridesの看板。

042.jpg
Hay Ridesとは、家畜のえさにする干し草(hay)を乗せた荷車の干し草の上に座って目的地のリンゴの木のあたりまで行くという乗り物。

043.jpg
Hay Ridesに乗って、紅葉のきれいな道を通りぬけているところ。

044.jpg
リンゴ狩り。酸っぱい種類のものと、桃のような香りの甘くておいしい種類のリンゴを食べた。

045.jpg
結構食べつくされていたり、下に落ちたりしてしまっていた・・。

047.jpg
見晴らしが良い草原。

048.jpg
Corn Mazeという、枯れたコーンの畑が迷路になっている。

049.jpg
Corn Mazeの中。子供のころに来たら楽しいだろうな。

050.jpg
かぼちゃがごろごろ。

自然の中でしばし開放感にひたり、また現実に戻ります。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

私が中間試験に翻弄されている間に、秋から冬へ、ミネソタは早くも季節が移り変わろうとしています。

昨日の最低気温は2度ということを友達に聞き、もうそんな寒くなったんだなあと、しみじみしていたら、気温の変化にやられて、熱っぽくなってしまいました。悪くなる前に直します・・。

10日前くらいにキャンパスで取った紅葉のきれいな写真を載せます。

038.jpg
黄色と赤の葉っぱが混ざってとてもきれい。

039.jpg
奥に見えるのはキャンパス同士をつなぐ大学の無料バス。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

先週の火曜日は、カウンセリング理論の試験があった。

こちらは、記述式なので、英語の壁がある私にとってはとても難関・・・。

授業中の講義でも聞き取れないところが多く、教科書を読むことでしか復習できないと思っていたが、そのような勉強方法で対応できるか先生に聞いてみたところ、講義で話した内容からも出題すると言われ、アメリカ人のクラスメートからノートを借りることを勧められてしまった・・。

誰かに頼めるかなあと思案していたところ、他の留学生の友達がテスト前にアメリカ人からノートを借りていたので、私も一緒にお願いしてコピーをさせてもらうことができた。。とても優しいアメリカ人のクラスメートで、快くコピーさせてもらえたので本当に助かった。

どんな試験になるのか、テスト勉強への質問が多かったからか、先生の方から事前に、テスト勉強用の想定問題が学生みんなに配られたので、取りあえず、その質問へは答えられるよう回答を準備することにした。

想定問題は26問。でも、実際に試験に出るのは記述3問+専門用語の定義を5つ聞く問題なので、約10問弱が想定問題から出されるということになる。時間が許す限り全部準備したいが、回答を教科書と、クラスメートから借りたノートをもとに準備しただけではもちろん覚えられず、そのあとは覚えるという作業に入らないといけない・・。

しかも、教科書を読んでも自分の理解が正しいのかもわからないし。

ここにきて、日本のウィキペディアや、ほかの個人のサイトなどを見ながら、カウンセリング理論をとりあえず日本語で頭に入れることにした。そして、今回のテストには間に合わないけど、日本語のカウンセリング理論の教科書もアマゾンで購入。とりあえず、日本語で読みなおすことで、あやふやだった部分が少しずつ明快になってきたようなきがした。

後は、英語のウィキペディアなどを見て、教科書に書いてあることを、違う英語で表現してあるものと照らし合わせながら、回答を自分の覚えやすい英語に書きなおしたりした。

それでもわからないところは、留学生や、ほかのクラスメートに確認して、何とか準備完了・・・?

テストは一時間、問題用紙は配られるけど、回答用紙はとくにないらしい。自分のルーズリーフに自分が書けるだけ書くようだ。

私は全部の回答をして2枚使ったけど、ほかのクラスメートは5枚回答に使った人や、1枚で終わったという人もいた。。どの程度書けば期待された回答になるのかわからないけど・・。

テストも何とか回答することができたので、できはさておき、とりあえず乗り切りました。

と、安心したのもつかの間、来週期限の論文2つと、3週間後にはもう、次回の統計試験、理論の試験が控えている・・・。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

金曜には、こちらに来て初めてのちょっと重要な試験があった、それも苦手な統計で。

唯一の救いは、試験が大体選択択一式のものなので、自分で英語を書く必要がないというところ。

とりあえず、終わってみて手ごたえは、、、まずまずだった。
ということで、一安心。
試験自体の目的も、順位をつけたりするのではなく、クラス全体としてある一定の基準を理解しているかどうかを確認するというものなので、そこまで難しくない。

一回目の授業が終わった時に頭が真っ白だったときは本当にどうしようかと思ったけど、TAの方に授業の度に分からなかった所を教えてもらっていたので、本当にそれが良かったと思う。私の統計の救世主です。

あとは、ほかの留学生とテスト前に一緒に勉強をして、わからないところを教えてもらえたことも良かった。みんな私よりちゃんと理解しているので、すごいなあと思う。

英語と統計、両方の壁に苦しんでいますが、一ヶ月後の2回目の試験に向けて、また少しずつ勉強を積み重ねていかないと・・・。

英語で統計を勉強するにあたって・・・
やっぱり、日本語である程度知識を確認できた方が良いよなあと思う。
私も一冊、先輩の方に紹介してもらったマンガでわかる統計の本を持ってきていて、それは統計初心者にとっては、敷居を低くしてくれるすぐれものである。

マンガでわかる統計学

でも、実際に勉強を始めてみて、だんだん授業で扱う内容も複雑になってくると、もうちょっと詳しいのが欲しいということで、日本から統計の参考書を取り寄せることにした。

心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アルマ)

こちらはまだ届いてないですが、使い勝手がいいと良いなあと思っている・・・


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

10月の中旬、中間試験の波がやってきた。

私のプログラムも例外ではなく、今週の金曜に統計、来週の火曜に理論、それからその次の週に論文2つの課題の締切、統計のシュミレーションの締切、など次々盛り沢山!
これらの課題プラス普段の予習復習もついてくるので、本当にどうしたら良いものか・・・

昨日は、これらの課題の山に押しつぶされて、何もする前に疲れて8時頃から寝てしまいました。朝まで。

今まではモチベーションを高くたもって、できないなりにも私がやれることはやろうというスタンスできたけど、その気持ちよりも体と頭の疲れが勝ってベッドに倒れこんで寝たいとしか思えなかった・・。

これはもしかしたらカルチャーショックが徐々に始まって来たのかな。。
ちょうど、指導教員の先生と話す機会があって、3ヶ月後くらいからカルチャーショックは始まることが多いという話を聞いたばかりだったので、そう思ったのだけど。
カルチャーショックはU字型に落ち込み時期がくるタイプとよく表現されるけど、Wがいくつもある型という表現をする学生もいるらしい。上ったり下りたり。私はこちらのタイプかもしれないな。

こんな風にテスト前に抜け殻になってしまったら大変だぞと思っていたけど、今日は少し回復したようで少し勉強できています。昨日の寝貯めが効いているのかな。

でも早く今日の課題を終えてベッドで横になりたい・・。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

2008.10.04

冬支度

ミネソタは今週から、秋と冬が混ざったような気候になってきました。
日本でいうと、11月の中旬~下旬くらいの感じです。
日に日に、朝の日の出が遅くなり、日が短くなってきて、急に手袋やマフラーが必要になってきました。

例年、10月下旬には雪が降り始めるということなので、早めに準備をしなくてはということで、今日は冬のコートやマフラー、手袋、冬の洋服などを買いに行ってきました。

いつもお世話になっている、教会で知り合った若い夫婦に車を出してもらい、一緒の時期に留学を始めた日本人の友達と一緒に郊外のショッピングセンターへ。

Burlington Coat Factory
http://www.burlingtoncoatfactory.com/
冬に対抗した暖色で、オレンジ色のコートを購入。
アウトレットのお店なのかよくわからないけど、225ドルのものが、100ドルで購入できた。
探すにあたって、肩幅が広かったり、身体周りが広かったりするので、自分が着てみて違和感がなければOKという感じ。XSサイズのコートは限られているし、あまり迷うことがなくて逆に割り切れて良い。

日本で洋服を探すときは、サイズやデザインが自分に合うものを探すことに関して困ったりしなかったので、かえって選択肢が多くて迷ってしまうけど・・。

Savers (used clothes)
http://www.savers.com/instore/finds.php

ここでは、中古の洋服を売っている。5~10ドル位でタートルネックのセーターを3枚購入。
5ドルで肩掛けの小さめな鞄も購入。これまではリュックサックしか鞄を持っていなかったのでちょっとこれでグレードアップ。
日本では、あまり古着を買ったことはなかったけど、学生なので安いもので利用できるものは利用したい。

Kohl's
http://www.kohls.com/kohlsStore/homepage.jsp
デパート?
土日にはセールをやっていて、紫のセーターと、マフラーを購入。
冬に向かって、あまり地味な色(黒とか茶色とか)だけじゃなくて、暖色を中心に取り入れてみました。
カラフルな洋服からエネルギーをもらって冬を乗り切りたい!

そして、留学準備を始めてから、洋服をあまり買っていなかったので、たまに洋服を買うというのはとても楽しい。
アメリカでは、みんなカジュアルだし、あまり洋服のことを気を使わなくてもいいので、とりあえず、最低限の洋服をそろえて、基本的なスタイルのものを着回せれば十分かなと思っている。だんだん、日本でどういう服を着ていたか、忘れてきてしまったなあ・・。戻った時についていけないかもしれないな。

これで、冬に備えて、少しだけ準備ができました・・・。
車を出してくれた夫婦に感謝をしつつ・・・。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。