FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

アメリカの大学院では、課題として英語のレポートを書くことがあると思うのですが、これには、分野によって決まった書き方のスタイルがあるので、それらに従って書く必要があります。

ライティングスタイルには、APA, MLA, Chicago...などなど、いろいろなスタイルがありますが、社会科学系の場合、APAスタイルの場合が多いでしょう。

APAとは、American Psychological Association(アメリカ心理学会)のことですが、APA Styleを使うのは心理学の分野だけに限りません。ご自分の進学する大学院では何を使うのかわからない場合は、そのプログラムや、指導教員に確認をすれば、どのスタイルが指定されているかわかります。

論文を書くときの、一枚目の表紙の書き方、タイトル、サブタイトル、セクションタイトルなどそれぞれのフォントの指定や、配置、参考図書のページなど、書き方のスタイルがこと細かく記載されています。また、他の論文や本からの引用の仕方などもとても重要です。特にアメリカでは、プレジャリズム(plagiarism;盗用)についてはかなり厳しく禁じられていますので、他の論文や本からの引用は、引用箇所がわかるようにしっかりとこのライティングスタイルに沿って、記述しなくてはいけません。また、論文だけでなく、ウェブ上の情報や、クラスで先生が利用したパワーポイントのスライドなども引用のスタイルが決められているので、しっかりと確認するとよいと思います。

ライティングスタイルに厳しい先生の場合は、スタイルが間違っているというだけで論文が減点されますので、注意が必要です。

APAスタイルの基本書については、APAから出版されているマニュアルを参照するとよいでしょう。
http://www.apastyle.org/

大学のライティングセンターなどにも備え付けてあるとは思いますが、夜中まで論文を書いていてどうしても確認したくなる事態もあるかもしれないので、一冊あると便利です。

コンパクト版もあります。



本を参照する以外にも、各大学に書き方のちょっとした要約を載せたホームページもあります。
私が良く利用しているのはPurdue大学のホームページです。
http://owl.english.purdue.edu/owl/resource/560/01/

しっかりと、アカデミックライティングのスタイルを利用しながら、論文を書きすすめたいところです。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

語学をマスターするには、音読が大切なのだそうだ。

私が通い始めた語学学校の理事長によると、音読、声に出すことを毎日1時間することが、英語の上達にとても役に立つそうだ。読みながら意味が理解できる程度の難易度の文章がよいらしい。

英語を勉強していても、実際に自分の口を英語が通過する経験は実は少ないとのこと。

毎日1時間の音読・・・やってみたがかなりつらい。音読というのは結構疲れる作業なのだ。

これを3ヶ月続けることができれば、もう少し滑らかに英語が口から出てくるような気はする。

私自身も、語学能力は短期間で簡単に、そして劇的に伸びるものなどではなくて、毎日地道な継続をすることが重要だと思っているので、こういう根性系?は結構好きな勉強法だ。信じて継続してみたくなる。

NHKのラジオ英会話、最近は聞いていないが、岩村圭南先生の英会話講座のスタンスがそういった意味で私はオススメだと思う。英語の勉強を「トレーニング」という風に呼んでいて、練習すれば必ず上達する・・・というスタンス。そして、「コーチ」の先生が沿道から励ましてくれる感じ・・・。運動をしているかのように、語学のトレーニングをしているという捉え方・・、私は結構好きです。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

定員が一杯で参加ができないはずだった昼間の英語コースにキャンセルが出たということで、来週から急に午前に予定が入ることになった。

仕事がなくなると、朝起きるという制約がなくなって、自己管理は難しいなと最近実感し始めたところだったので、参加できるとのお知らせは嬉しい。来週からは出勤時間よりも早く家を出ることになるのか・・・!

このコースは平日月~金、朝から大体昼か、午後3時くらいまでで、内容はSWRL(Speaking Writing Reading Listening)のコミュニケーションスキルアップが目標となっている。文法や単語も少々。
ということは、普通の英語の語学クラスということ。

逆に私にとってどういうのが普通の語学クラスではないのかというと、語学としての英語を勉強するというよりは、別のことを勉強する場合。たとえば、何かの専門を英語で勉強したり、大学院での授業の受け方・参加の仕方の勉強を英語でしたりというもの。

大学院留学を控えて行うべき勉強はどちらかというと、語学としての英語を勉強するよりは、英語で専門を勉強したり、英語でディスカッションやディベート、プレゼンテーション、論文執筆の練習をしたりすることのほうが有益なのだ。大学院での勉強の下地になり、実際に役立つので・・。

私の場合も、大学院で必要とされるような、ディベートや、ながーい文献のリーディング、アカデミックライティング(論文作成)などに特化したようなコースも別途受講予定だが、そちらについていける自信がなかったので、普通の英語のクラスを取って基礎を強化できれば少しは安心できるかなと思う・・。

とにかく、毎日英語に触れるという場があることで、英語と接する頻度が高められるのが嬉しい。そうすれば、自然と苦手意識も軽減されていくはず・・。

そして、これまで、このくらい密な頻度で英語の学校に通うことは無かったので、どんな感じなのかはちょっと楽しみ。

でも、どんな英語の学校に行ったとしても、自動的に能力が伸びるわけではないので、毎朝起きるためのバロメーターとして活用して、あとは宿題と復習をしっかりやらないといけないのだ・・。油断はできない・・^^;

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

これまで英語の学校に少し通ったりしていたのだが、あまりお金も無いので、個人の英会話レッスンには手が出ず、グループ形式のものに参加していた。

そんな中でも、1月から3月までのタームで参加したテンプル大学の生涯学習コースはかなり良いコースだと個人的に感じている。

私が参加したのは、Intermediate Academic Writingのコース。

アカデミックライティングとは、ビジネス文章などではなくて、学術的な論文などで求められるかきかたである。とはいっても導入部分なので、それほど長い文章を書くわけではなく、ワード文書で3枚くらいのもの(ダブルスペースで)なのだが。

基本的には、Academic Writingのスタイルとして4種類あって、

1、Expository Essay (事実を述べる小論文)
2、Chronological Essay (時系列、または何か手順を述べる小論文)
3、Comparison/Contrast Essay (比較、または対照を述べる小論文)
4、Cause & Effect Essay (原因・結果を述べる小論文)


この4つのカテゴリーのスタイルは、実際に学術論文を書く際にはそれぞれが混ざり合って、絡み合ったものになるが、コースではまずは練習として、それぞれのスタイルだけに特化したEssayを自分で書いて実践しながらそのスタイルの理論を定着させていく。

このコースが良かった理由として、やはり先生が良いということがあげられる。

ライティングのクラスではあるが、授業では主にその基本的なEssayのスタイルについての理解をするため、先生や他の生徒さんとのディスカッションというか、意見交換になる。実際のライティングは宿題として課されるので、授業中に書くということはあまりしない。

そして、先生の説明も、学生さんとのディスカッションもすべて英語なので、英語のリスニングやスピーキングの練習にもなる。英語の発言が苦手な私でも、何かを話そうとすると、しっかり待ってくださったり、意見を尊重してくれるところも嬉しい。

宿題として課されるライティングもEmailを通じてのやり取りになり、自分が書けば書くほど、回数の制限なしにフィードバックを下さるので、とても支援的である。私は多くても一回ずつしか出せなかったけど、もっと出せればその分だけフィードバックを下さるので、やる気があればあるほど得られるものが大きくなると思う。

本当は次期もTUJで何か取りたいと思ってはいるのだが、始まりが5月中旬で7月下旬までなので、自分の留学スケジュールでは何回か逃してしまうかもしれないのでちょっと迷っているところ。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。