FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

日本はTPPには参加すべきではないと思います。日本の産業は弱体化して、多国籍企業の思うがままになってしまいます。世界でも、アメリカの中でもTPPに対する反対運動が起きているようです。
後戻りのできない危険な選択をおかしてはならないと思います。

日本の国内でも多くの反対署名が集まっているとのことです。

以下のリンクはTPPの反対署名サイトです。私たち一人一人に今できることです。この下に書いてある情報や、他のニュースなどを見てTPP反対と思われた方は署名をなさることをご検討ください。
http://www.shomei.tv/project-1848.html


http://gigazine.net/news/20111105_tpp_trade/

以下は上記リンクより引用。


”TPPとは、農業や工業の関税の完全な撤廃のみならず、金融、労働、環境、衛生など広範囲にわたって、外国企業の参入障壁の撤廃を目指す国際協定です。現在、九カ国が参加して交渉中であり、日本はこの交渉への参加を検討しています。しかし、このTPPの交渉に参加することは、一般に思われているよりもずっと危険なことなのです。


ということで、以下のような問題を提示しています。

問題点その1:TPPへの参加は東日本大震災からの復興の妨げになる

問題点その2:TPPは日本にとって何のメリットもない

問題点その3:日本はTPPに参加しないと世界の潮流から取り残されるとか、鎖国になるとかいった懸念が聞かれるが、それも間違い

問題点その4:TPPの問題点は農業だけではなく、金融・投資・労働規制・衛生・環境・知的財産権・政府調達などあわせて24もの分野に及ぶ

問題点その5:TPPの交渉にいったん参加したら、どんなにルールが不利になろうと離脱することはできなくなってしまう”

...


”加えて、関西大学の高増明教授が日本政府の内閣府によるTPPによる経済効果が本当かどうかを確かめるため、実際に計算して試算し、政府が発表していないもっと具体的で現実的な部分の数値までシミュレーションした結果がサイトで公開されています。


TPPの経済効果(GTAPモデルによるシミュレーション)
http://www.takamasu.net/tpp.html

日本がTPPへ参加したときに、どのような影響があるのかをGTAPモデルを使ってシミュレーションした。シミュレーションから得られた結果は、つぎのとおりである。

(1) 日本だけがTPPに参加した場合、日本はGDPを0.29%増加させる。しかし、日本のコメ生産額は-64.5%、小麦の生産額は-62.3%、肉類の生産額は-23.9%となり、日本の農業は壊滅的な打撃をうける。

(2) 日本、韓国、中国、台湾、ASEAN諸国がすべてTPPに参加した場合、東アジアの先進工業地域、中国はTPPに参加することによって、GDPを上昇させることができるが、その上昇率はそれほど大きくはなく、日本は0.43%、韓国は0.83%、中国は0.22%、台湾は0.42%である。一方、日本、韓国、台湾のコメ生産は壊滅的な打撃を受け、そのほかの農産業についても日本は大きな生産額の減少を余儀なくされることが予想される。

(3) アメリカは、日本などの参加によって、農業は生産を増やすが、GDPは上昇しない。

(4) 日本のコメの生産を減らさないためには、400%程度という非常に高い補助金を支給する必要がある。”




*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

10月2日には全国いろいろな場所で、先日の尖閣諸島の事件に関する民主党の対応に対する抗議のデモが5000人規模で行われたそうです。

http://www.cnn.co.jp/world/30000404.html

http://getnews.jp/archives/79444

これらは日本のメディア(新聞・テレビ)では全く報じられていません。

この規模のデモは日本で起こることはまれなようです。それだけ、多くの日本人がなんとかしなくてはと思って行動に出たのだと思います。CNNなどの海外メディアや、デモに参加した人によるブログによってのみ伝えられています。

デモをすることで、政府や他の日本国民に訴えようとする行為の影響は、マスコミによって最小限にとどめられようとしています。デモが行われたことを知らないで過ごす人は多いでしょう。

このように一斉に日本のメディアが全く報じないというのはすごいことだと思いました。

マスコミが偏った報道をしているということを実感します。

受動的に情報を受け取るだけでなく、インターネットなどを駆使して、マスコミでは報道されない事実を主体的に知ろうとしなければいけないと思いました。

そして、英語にも精通して、語学の障壁をへらし、得られる情報を増やさなくてはと思いました。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

留学をして、日本を外から見て思うことですが、日本人は日本を守ることを真剣に捉えなくてはいけないと思います。「留学」ということも、「日本」があってこそ、将来生かすことができるものです。

「頑張れ日本!全国行動委員会」と、「草莽全国地方議員の会」による主催で、10月2日(土)に「中国の尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」が東京都の渋谷区で行われます。

この情報を多くの人に伝えたいと思い、ブログでもご紹介させて頂きます。

日時・内容:
平成22年10月2日(土)
集合場所 : 代々木公園けやき並木(NHKスタジオパーク入口横)
13時00分 準備
14時00分 東京集会
15時10分 隊列準備
15時30分 出発 けやき並木~渋谷駅前~青山通り~表参道~原宿駅~けやき並木
16時30分 けやき並木到着
17時00分 ハチ公前広場街頭宣伝活動(~19時00分)

http://www.soumou.net/cgi-bin/active/diary.cgi?no=53


大学院に留学して実感することですが、アメリカや他の国々では、大学院留学中の授業内のディスカッションや発言機会において、「主張をしない」=「何も意見がない、やる気がない」と捉えられてしまいまい、それができない場合は、相手へ自分の意見を理解してもらう機会を失うだけではなく、評価すらされません。

日本人だと、当然のことを当然だからと言って主張しない、ということがありますが、海外の他の国ではそのような態度は通用しないのが事実です。

当たり前のことを当たり前だと発言する。これは日本人には回りくどいようですが、世界と向き合うときにはこのような態度が基本的であり、理解を得られるステップになるのです。

同じことが、外交問題でもいえます。日本で生活していると、日々の生活に直接関係ないためにピンとこないかもしれないですが、そのような平和ボケをしていては日本はどんどん浸食され、日本固有の領域である尖閣諸島を失うようなことになってはいけないと思います。

日本の固有の領域である尖閣諸島を、どれだけ真剣に考えているか、国民として政府に示し、そして海外へも示して行かないといけないと思っています。

そして、それをしなくてはいけないのが、今、です。
機を逃せば、手遅れになります。

日本を守れるのは、政治家ではなく、国民一人一人です。
明治時代に日本を守ろうとした人たちの意思を受け継ぎ、手遅れになる前に、行動を起こすことが一人一人に求められています。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。