FC2 Blog Ranking

Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ

日本はこのままで大丈夫?大学院留学・社会人留学を通じて、自分の成長だけでなく、将来日本の社会に貢献し、日本再生へ向けて尽力したいという、志高い日本人の方々を応援しています!留学準備・留学生活情報などを公開しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

今日は、ヨガのインストラクターを始めた友達のヨガ講座に参加した。
高校時代の友達なのだが、インドに行ってヨガのインストラクター資格を取ってきたというとても興味深いバックグラウンドを持っている。いい意味で刺激をもらえるし、励みになる。
彼女の友達ベースで講座を持って今回が2回めだ。1回の参加は3000円、こういった講座を月1のペースで開きたいとのことである。

私は3月に行われた時には参加できず、ヨガは始めての挑戦だったが、寝ているのと同じくらい、リフレッシュしてリラックスできた。

初めは他の参加者の人も知らない人ばかりなので緊張していたが、体を動かしたり、呼吸を整えたりするうちに、心の緊張もほぐれてきて、部屋にいる人たちと、雰囲気を分かち合えるようになった。おそらく他の参加者の人も同じような感覚だったのだと思う。

ヨガをしていると、いろいろな「ポーズ」を取る。
今日は、コブラのポーズ、魚のポーズ、猫のポーズ、鳩のポーズ、木のポーズなどをやってみることができた。

いろいろなポーズがある中でも、自分がある程度できるポーズと、かなりしんどいポーズがある。私は特に太ももの裏の筋肉が縮こまっているみたいで、寝転がって両足をそろえて90度持ち上げるような格好は痛くてひざが曲がってしまう。

両足を閉じた前屈も苦手で、指先はひざの辺りまでしか届かない。

やっぱり私は足がむくみ易いと思っていたけど、筋肉もこわばっていることを実感できて、これから足をほぐしたり、伸ばしたりすることが重要だと認識した。そういう自分の体の特性に気づけたことも良かった。

自分の体も気持ちよかったが、一緒にヨガをしていた人たちともヨガが終わった後も心が開けているような不思議な感覚がした。

気持ちや心を開くという上で、体を動かしたり、伸ばしたりすることで、緊張がほぐれたり、和やかな雰囲気になる。心と身体はお互いにつながっているものだと感じた。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*
スポンサーサイト

最近退職したことを期に、少しずつだけど、これまでに知り合ってこれた方々とお会いする機会がある。

今日も、一人、自分の夢をもってそれをかなえるために、着実にその道を進まれている方にお会いできた。

その方は、自分の琴線に触れることにきっと敏感に生きて来られたのだろう。

大学時代の私もそうだったが、自分のやりたいことがわからない、自分探しをする若者は多い。

その方はそんな自分探しには無縁の方で、自分の気になることに積極的に足を運び、情報を集め、ネットワークを築き、そのための努力を惜しまない。

学生時代からはっきりとした将来の夢があったそうだ。それに近づけず、苦労をされたということであったが、将来の夢とか、やりたいことが分からない、自分を探している段階で彷徨っていた私には、そういう目的に早く気づけたこと自体が素晴らしいと思う。

自分探しの状態から、自分の将来像が描けることになるには、自分が興味を持てることに対して敏感になって、それを手がかりにして、どうにかその分野に入ってみて、そこで働いている人とか、それに関わっている人と話したり、その分野の勉強をしたり、ボランティアをしたりとか、何でもいいからとりあえず、その興味があることに関わり続けてみるということが第一歩だと思う。その間に自分のできる努力ももちろんする必要がある。

そんな中から、その分野で自分は本当に何ができるのか、自分のスキルを照らし合わせて、あまり高すぎる理想を描くのではなく、現実の自分にできる最高の状態で実現できる将来の中で、自分のやりたいことはこれだと納得していく過程の中で分かってくるのだと思う。

またそれは、新しい世界に触れたり、新しい仕事をしたり、新しい人と接することによって変化をするものでもあると思う。

この方との出会いも、本当に偶然が重なったものではあったけど、お互いに通じるものがあって、今日もこんな形でお会いできた。

お互いのアプローチはちがうけど、自分にできる方法で、国際交流に貢献できたらと思う。そしてお互いに刺激したり、励ましあって行けたらと思う。こういった方々の存在が、自分の明日への原動力になっているのだと感じる。

*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

4月に入ってからは、埼玉の実家でいろいろやることもあったので、早々に帰省。
お金も無いし、実家で過ごせば、食生活の心配はいらないし、いろいろ楽だし助かる・・・。

ただし・・、生活範囲がやはり限られてしまう。
車にのって、近所のスーパーとか、ヨーカドーとか、電気屋に行くくらいしかやれることがない!
本とか読めばいいんだけどね・・。

でも、東京に出てこようと思うと2時間くらいかかっちゃうし、って思うとなかなか足が遠のいてしまう。
友達に会ったり、いろいろな予定をこなすにはやはり近いところにいないとフットワークが悪くなってしまう・・・。

というわけで、実家でだらだら過ごしてしまったけど、週末の予定をこなす為にやっと実家を出発して、東京に戻ってきました。

東京での家もまだしばらく猶予があるので、東京にいらっしゃるうちに皆さんと、また近いうちにお会いしたいなあと思っています。


*ランキングにご協力ください。クリックおねがいします!*

プロフィール

Yukiko

Author:Yukiko
2008年秋よりミネソタ大学大学院教育心理学専攻修士課程に留学、修了しました。2010年秋からはボストンカレッジで高等教育専攻の博士課程へ進学、研究継続中です。
英語では、留学5年目に入りましたが、まだまだ間違いを恐れたり、会話の速さについていけず、また、日本人的価値観により、アピール不足に苦しんでいますが、そんな課題を乗り越えるべく、どうにかサバイバルしていきます。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

Copyright ©Discovery-「日本再生」に向けた大学院留学のススメ. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。